トリイホール (TORII HALL)

落語・漫才・音楽などの上方文化発信拠点

投稿日:2011/12/21 更新日:

トリイホール (TORII HALL)

 難波エリアの中心に位置するトリイホールは約100人の収容が可能な、上方落語を中心とした落語会や公開講座、音楽イベントなどを定期的に開催し、若手育成のための場となっている。
上方文化のトリイホールの前身は落語家や歌舞伎役者、新派の役者などが宿泊する老舗旅館であったが、平成3年に現在の場所に4階建ての「トリイホール」としてオープンした。
1991年にスタートした『TORII寄席』は、毎月1日に開催され、2001年には公演数は100回を超えました。”客席数100″のこぢんまりとした空間はマイクを通さず生の落語とお囃子を聞くのに最適で、昔の寄席小屋の雰囲気を味わえ、幅広い層のお客様にお楽しみ頂いております。

現在地からルート検索
ホームページ
http://toriihall.com
所在地
大阪市中央区千日前1-7-11 上方ビル4階
交通機関
地下鉄御堂筋線・千日前線「難波駅」
または千日前線・堺筋線「日本橋駅」下車
なんばウォークB20出口より徒歩2分
施設情報
●電話:06-6211-2506
●ホールのイベント利用も募集しています
●トリイホールのイベント情報
http://toriihall.com/calender/index0.html
●Twitterアドレス
http://twitter.com/intent/user?screen_name=toriihall_osaka
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
谷崎潤一郎文学碑

●谷崎の小説に描かれた人形浄瑠璃  昭和59年(一九八四)3月に国立文楽劇場完成を記念して、大阪市が建立。黒御影石に豊竹座、竹本座の紋章を掲げ、谷崎潤一郎の『蓼(たで)喰う虫』の一節が刻まれている。

国立文楽劇場
国立文楽劇場

●「文楽」は人の名前から  成り立ちは江戸時代初期にさかのぼり、古くは操り浄瑠璃と呼ばれた。竹本義太夫(たけもとぎだゆう)が貞享元年(1684)、竹本座を開設。彼の義太夫節と近松門左衛門(ちかまつもん …

黒門市場
黒門市場

 食いだおれ大阪の台所。アーケードの屋根にはリアルで巨大なタコやフグのつくりものが飾ってある。高級鮮魚はもちろん、珍しい野菜やフルーツも豊富。最近、夜だけ屋台に変わる店もある。

なんば千日前通
なんば千日前通

 なんばグランド花月(NGK)のすぐ近くにある商店街。創業60年以上の食べどころ、飲みどころなど、ガイドブックに載らない地元の人の行きつけが点在している。通りを抜けると黒門市場方面へ。

勧善歌碑

●人の道を説いた堂々たる石碑  幕末の儒学者・藤沢南岳(ふじさわなんがく)作の生活訓が漢文で書かれている。南岳は泊園書院2代目院主。