懐徳堂旧阯碑

かいとくどうきゅうしひ

次の言語でも読めます: English

投稿日:

懐徳堂旧阯碑

●町人によってつくられた塾が誕生
享保9年(一七二四)、三宅石庵(みやけせきあん)と中井甃庵(なかいしゅうあん)を教授に迎え、5人の町人が出資して、町人のための私塾、懐徳堂を創設。教養としての学問ではなく、実用的な学問を教えた。朱子学を中心としながら、各派の説も取り入れる自由な学風は、大坂人に合っていたといわれている。2年後、甃庵らの奔走により、幕府から大坂学問所として公認された。なお、懐徳堂の名の由来は、『論語』、『詩経』、『書経』からとする諸説があり、推測の域を出ない。

●商売人本位の規則
武士が幅をきかせていた江戸時代にあっても、大坂では武士は人口の1割にも満たず、民主主義の精神があった。懐徳堂では、武士が教室の上座に座る習慣をなくして自由にした。貧しくても学ぶ意欲があれば講義に出席できるようにし、商人の都合に合わせて早退、遅刻もできた。当時は「商売」をさげすむ風潮が強かったが、懐徳堂では「商売」を評価し、何よりも大切な「人の道」を説いた。やがて全国でも有名な塾へと発展を遂げ、山片蟠桃(やまがたばんとう)はじめ多くの知識人を輩出した。

●受け継がれる懐徳堂精神
140年以上の歴史を築いた懐徳堂は明治2年(一八六九)、閉塾に追い込まれる。しかし、西村時彦(にしむらときつね)(「天声人語」の名付け親)が中心になり、財界の協力を得て大正5年(一九一六)、場所を移し再建された。碑は、もとの懐徳堂の地に建てられている。昭和20年(一九四五)、大阪空襲により懐徳堂は鉄筋3階建ての書庫を残して焼失した。蔵書3万6000冊は、すべて大阪大学に寄贈。懐徳堂文庫となり、現在も管理・研究が行われている。

【大坂学問所ここにあり!】
大正のはじめ頃、日本生命保険相互会社に「懐徳堂旧阯の碑」が設けられた。西村時彦が文章を選び、甃庵の玄孫(やしゃご)の中井天生(なかいてんせい)が筆をとった。
▼オフィス街に石碑のみ残る

懐徳堂旧阯碑
現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区今橋3-5 日本生命保険ビル南壁面
交通機関
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」
●京阪電鉄「淀屋橋駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
淀屋橋
淀屋橋

●淀屋は取り潰されたが、橋は残った  江戸時代初期に活躍した大商人・淀屋によって架けられたと伝えられる。現在の橋のデザインは懸賞募集によって決められた。  なにわ名橋50選の一つ。

手形交換所発祥の地

●東京に先んじた大阪金融界の先進性  明治12年(一八七九)12月、この地に大阪交換所(のちの大阪手形交換所)が開設され、わが国最初の手形交換を始めた。東京での開設は、これより8年後であった。以来10 …

大阪商法会議所跡

●大阪経済の近代化をはかる  明治初期、維新変動の波を受け、大阪経済は低迷期に入っていた。銀主体の商取引の廃止と、藩債の整理による富豪や両替商の資産消失がおもな原因である。この事態を打開し、大阪経済繁 …

みどりのリズム/清水多嘉示
御堂筋彫刻ストリート / みどりのリズム:E-1

 手を組んでダンスをする2人の少女の一瞬のポーズを捉えている。往々にしてダイナミックになりすぎそうな題材を、清水多嘉示は、感情を抑え、厳格な構成による構築的手法で、軽快なリズムに満ちた彫刻に仕上げてみ …

銅座の跡

●銅が輸出品の時代の、銅集めの役所 明和3年(一七六六)、銅の管理を行う銅座がここに置かれた。江戸時代、銅は重要な輸出品で、大坂は当時の銅精錬業の中心であった。諸国の銅山より産出した粗銅は銅座がすべて …