竹本座跡

たけもとざあと

次の言語でも読めます: English

投稿日:

竹本座跡

●近松物で大成功をおさめる
 初代・竹本義太夫(たけもとぎだゆう)が貞亨元年(一六八四)、人形浄瑠璃の小屋として開いたのが竹本座である。近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)を作者として迎えコンビを組み、興行的にも大成功をおさめた。2人が没した後も竹本座は竹田出雲(たけだいづも)の努力で繁栄したが、出雲の死後は人気が衰え、明和4年(一七六七)閉鎖。ついに80余年の歴史を閉じた。
 しかし、文楽の保存振興の気運が高まり、昭和38年(一九六三)には、財団法人文楽協会が設立された。竹本座から始まった人形浄瑠璃という大阪の古典芸能は、国立文楽劇場開場というかたちで、復興を遂げたのである。

●義太夫節は声楽の一種
 義太夫節はその名称からわかるように、竹本義太夫によって始められた一種の声楽である。
 わが国に古くからある声楽は「語り物」と「謡(うた)い物」の2つに分けられる。語り物は、物語に節をつけて語って聞かせるもので、謡い物はメロディー、リズム、テンポに重点がおかれたもの。
 義太夫節の芸能としてのルーツは、琵琶の伴奏にあわせて『平家物語』を語って聞かせる平曲(へいきょく)だとされている。

●竹本座と豊竹座の競い合い
 元禄16年(一七〇三)、義太夫の弟子であった豊竹若太夫(とよたけわかたゆう)が同じ道頓堀に豊竹座を開き、人気を集めた。竹本座の人形遣いで、女形の所作で人気を博した辰松八郎兵衛(たつまつはちろべえ)を共同経営者とし、竹本座に対抗する一大勢力となった。
 こうして道頓堀には地味で重厚な芸風の竹本座と、はでで技巧的な豊竹座が並び立ち、浄瑠璃の全盛期を迎えた。これが「竹豊時代」である。

★もっと深く知ろう!
【3人遣いの妙】
一人が人形の首(かしら)に つながる棒を左手で握り人形全 体を支え、右手で人形の右手を 操作する。もう一人は人形の左 手を遣い、さらにもう一人が足 の運びを操る。3人の気持ちが ぴったり合わなければとても生 きているように見えない。
▲文楽の3人遣い

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区道頓堀1-8
交通機関
●地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば駅」
 堺筋線・千日前線「日本橋駅」
●近鉄線「近鉄難波駅」・「近鉄日本橋駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
とんぼりリバーウォーク
とんぼりリバーウォーク

 道頓堀川、水辺の遊歩道。大阪観光の新名所「とんぼりリバーウォーク」へようこそ! 【水辺の街並み】  大阪らしい賑やかな街並みと美しい水辺の景観は、きっと大阪観光の思い出になります。 【記念のお写真】 …

食満南北句碑

●歌舞伎の脚本家として活躍  幼少から演劇を好み、のちに11代・片岡仁左衛門(かたおかにざえもん)や初代・中村鴈治郎(なかむらがんじろう)の座付き作者。「盛り場を むかしに戻す はしひとつ」。句の橋は …

浮世小路
浮世小路

 賑やかな道頓堀商店街に「こっそり」たたずむ浮世小路。道頓堀の賑やかな街を歩いていると、小さすぎて見逃してしまいそうなくらい細い路地が浮世小路。道頓堀商店街から法善寺への抜け道にある浮世小路には、江戸 …

西田当百川柳碑

●今も続く川柳誌『番傘』の創始者  川柳作家。明治4年(一八七一)生まれ、昭和19年(一九四四)没。大阪毎日新聞社の校正係になり、それを契機として川柳の世界に入った。軽妙なウィットと、知的な諷刺を織り …

岸本水府句碑

●広告マンとしての才能も豊かだった  俳人。明治25年(一八九二)生まれ、昭和40年(一九六五)没。「頰冠りのなかに日本一の顔」は、初代中村鴈次郎(なかむらがんじろう)が『心中天網島』の花道の出の場面 …