大阪歴史博物館

おおさかれきしはくぶつかん

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2011/11/25 更新日:

大阪歴史博物館

●地上57メートルから始まる歴史体験
難波宮跡から北を見ると、大阪城の西に高層の建築物が建っている。この現代的な建物が「大阪歴史博物館」だ。エレベーターで10階に上がると、そこは奈良時代。原寸大に復元された宮殿が、当時の儀式の様子を再現している。9階は「中世近世フロア」。江戸時代のまち並みをミニチュア模型で表している。中でも船場の町の巨大なジオラマでは、町人の活々とした日常生活がみられ、当時の賑わいを詳しく理解することができる。

8階の「歴史を掘るフロア」では、実物の発掘物を手にする体験ができ、考古学者になった気分になれる。7階の「近代現代フロア」は、大正末期〜昭和初期の心斎橋筋・道頓堀を再現。「心ぶら」気分で、当時の様子を学ぶことができる。
展示に関わる内容について、身をもって体験できる「ハンズオン」。展示にちなんだクイズに答える「スタンプラリー」もある。ほかにも、6階の特別展示室での特別展の開催や公開講座、イベントを通じて、歴史や文化の情報を発信している。

●実物の古代遺跡が見学できる
博物館の敷地は、発掘調査で飛鳥時代の難波宮の「倉庫跡」や「区画する塀」、「水利施設」などの遺構が見つかった所だ。一部は建物の地下で掘り出したままの状態で保存されている。この遺構を1階や地下フロアから見学できるのもこの博物館の特徴である。また、屋外には復元された倉庫も建てられている。

大阪歴史博物館
現在地からルート検索
追加情報
●もっと深く知ろう!
【気軽に学べる「なにわ歴史塾」】
博物館には、大阪の歴史と文化を中心に、広く歴史に関する情報を集めた学習情報センター「なにわ歴史塾」がある。所蔵されている図書や映像の閲覧や、学芸員による学習相談が気軽にできる施設だ。

●大阪のことなら何でもわかる「なにわ歴史塾」
所在地
大阪市中央区大手前4丁目1番32号
交通機関
●地下鉄谷町線/中央線 谷町四丁目駅
施設情報
●問合せ先:06(6946)5728
●開館時間:9時30分〜17時 金曜日は20時まで(入館は閉館の30分前まで)
●入場料:大人600円 高・大学生400円
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
榎木大明神
玉造稲荷社 榎木大明神

●白蛇が住みつき、神の木に 玉造稲荷神社正門の真正面、道路の真ん中に立っている。 「白光大神(しらみつおおかみ)」と書かれた祠(ほこら)がそばにある。 「白光」は庶民に信仰されている「白蛇」を指してい …

大槻能楽堂
大槻能楽堂

●能好きの太閤秀吉 とにかく能楽に熱中していた豊臣秀吉(とよとみひでよし)。自分を主人公にした「明智討」という能をつくらせている。会う人ごとに「宮廷でお見せする」と言って家臣にたしなめられたという逸話 …

鵲森宮

●若き日の聖徳太子による創建 「鵲森宮」は、通称、森之宮神社とも呼ばれ、聖徳太子(しょうとくたいし)が建立した。 その創建は、四天王寺や法隆寺よりも古いとされている。崇峻(すしゅん)天皇2年(五八九) …

八軒家船着場の跡

●今も昔も京都からの玄関口  天満橋付近は江戸時代、8軒の宿があったことから、八軒家浜と呼ばれていた。京都と大坂を結んで淀川を行き来した三十石船の船着場として栄え、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の『 …

大阪城
大阪城

●13の重要文化財 豊臣秀吉(とよとみひでよし)がつくった大坂城は、豊臣家の滅亡とともに失われ、現在残っているのは徳川時代になって再建されたものである。敷地内の建築物は櫓5つ、塀3つ、城門2つ、蔵2つ …