上方浮世絵館

かみがたうきよえかん

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2011/11/25 更新日:

上方浮世絵館

●法善寺門前に浮世絵の館
歌舞伎をはじめ、浄瑠璃、からくりなど、さまざまな芝居が興行され、道頓堀五座が立ち並んでいたミナミの地に、平成13年(二〇〇一)4月、上方浮世絵館が開館した。中座跡地の南西である。上方浮世絵を専門に展示する美術館としては、世界で唯一である。
作品のすべてが館長・高野征子(たかのせいこ)氏の収集したものからなる私設美術館で、上方浮世絵は世界にもOsaka Printsとして知られ、江戸時代後半から明治時代初期(一八〇〇年代)に大阪でつくられたものだ。
3カ月ごとにテーマを替えて、常時30点の作品が展示されている。

●人気の歌舞伎役者が浮世絵に
上方浮世絵とは、美人画や風景画が少なく、ほとんどが役者絵であるのが特徴。
役者の個性をありのままに描く人間味豊かな表現は、江戸のものと違って、リアルでわかりやすく見分けがつきやすい。
また、その当時活躍した3代目・中村歌右衛門(なかむらうたえもん)を中心として、歌舞伎役者を描いた上方浮世絵は、色ごとに版を彫り、摺り重ねられた木版画の繊細な技術に驚かされる。

●「蔵」のイメージのミュージアム
上方浮世絵館は昔の「蔵」のイメージでつくられており、フレスコ画の作家によって設計、デザインされたこだわりの建築である。内装も廃材などをリサイクルして取り入れ、イメージにあわせている。

現在地からルート検索
追加情報
●もっと深く知ろう!
【浮世絵の摺り体験】
ポストカードサイズの版木での4色体験コースと、ベテラン摺師に直接指導を受ける本格浮世絵制作体験コースがあり、本格コースでは、実際の浮世絵サイズの版木に挑戦できる。(要予約)
●みんなで浮世絵に挑戦
所在地
大阪市中央区難波1丁目6番4号
交通機関
●地下鉄御堂筋線/四つ橋線/千日前線 なんば駅
●近鉄線 近鉄難波駅
●南海電鉄 なんば駅
施設情報
●問合せ先:06(6211)0303
●開館時間:9時〜18時(入館は17時30分まで)
●入場料:大人500円 小・中学生300円
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
法善寺前本通り商店街
法善寺前本通り商店街

 上方文化を伝える演芸ホールがあり、芸能上達・商売繁盛にご利益のある「南乃福寿弁才天」社が商店街の中に祀られている。お正月をはじめ定期的に獅子舞や和太鼓などのイベントも行なわれている。

なんば南海通
なんば南海通

 なんばグランド花月(NGK)への賑やかな参道。よしもとの芸人グッズやユーモアが散りばめられた大阪土産の店、観光客にも安心のリーズナブルな居酒屋から、行列のできるスイーツショップやカフェが並ぶ。 なん …

トリイホール (TORII HALL)
トリイホール (TORII HALL)

 難波エリアの中心に位置するトリイホールは約100人の収容が可能な、上方落語を中心とした落語会や公開講座、音楽イベントなどを定期的に開催し、若手育成のための場となっている。 上方文化のトリイホールの前 …

岸本水府句碑

●広告マンとしての才能も豊かだった  俳人。明治25年(一八九二)生まれ、昭和40年(一九六五)没。「頰冠りのなかに日本一の顔」は、初代中村鴈次郎(なかむらがんじろう)が『心中天網島』の花道の出の場面 …

戎橋
戎橋

●平成19年(二〇〇七)にリニューアル  17世紀初め、戎橋は道頓堀川の開削とほぼ同時期に架けられたと考えられる。江戸時代の一時期、南詰に操(あやつり)芝居の小屋があり、「操(あやつり)橋」と呼ばれた …