令和3年3月 感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金(大阪市・府共同)について

投稿日:

令和3年3月 感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金(大阪市・府共同)について

大阪市は、大阪府知事からの営業時間短縮要請(以下「要請」という。)(注)にご協力いただいた飲食店事業者に対して、協力金に加えて、月額賃料と連動した上乗せ分を支給します。

■対象者
次の要件を満たす事業者
【基本額部分】基本部分の要件は調整中です

1. 要請区域(大阪市内 )に施設(店舗)を有すること

2. 対象施設(店舗)を運営しており、令和3年3月1日(月曜日)から3月21日(日曜日)までの全ての期間、要請を遵守していること

3. 対象施設(店舗)において、業種別ガイドラインを遵守し、感染防止宣言ステッカー別ウィンドウで開くを導入(登録・掲示)していること

4. 営業に関する必要な許認可等を取得していること

【上乗せ支給の要件】

5. 賃貸借契約等によって対象施設(店舗)を第三者から借りて営業しており、賃料の支払実績があること(月額賃料60万円以上)

■支給金額
協力金(基本額日額4万円)に加えて、1施設(事業所)あたりの月額賃料に応じて上乗せ分を支給します。

(注)自己所有の物件で営業している対象施設(店舗)は、上乗せ分の支給はなし

■申請手続き(調整中)
申請手続、受付期間等の詳細については、後日改めて公式ホームページ等で公表されます。
【必要書類】
・申請書、申請要件確認書、誓約書(オンライン申請では入力項目)
・賃貸借契約書等(写)
・預金通帳(家賃の支払いが確認できるもの。写し可) などを予定しております。
注:上記のほか、申請受付後に、審査に必要な書類等の追加提出をお願いする場合があります。

詳細については、公式ホームページをご覧ください。

【参考】飲食店でテイクアウトやデリバリーを検討されている営業者の方へ
新型コロナウイルスの影響を受け、テイクアウトやデリバリーの需要が高まっています。これらの方法で食品を提供する場合の注意事項等を大阪市ホームページにまとめていますので、ご覧ください。
https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000502518.html

追加情報
問合せ先:
【営業時間短縮要請に関すること】
休業要請等コールセンター:06-4397-3268(平日9時30分~17時30分)
※開設時間等については変更になることがございますので、最新の情報については大阪府にてご確認ください。

【上乗せした協力金に関すること】(制度調整中)
営業時間短縮協力金コールセンター:06-6654-3553および06-6655-0711、06-6655-0820
(月曜日から土曜日、9時から17時30分まで)
(注)日曜日及び祝日は対応しておりません。電話番号のかけ間違いに、十分にご注意ください。
ホームページ
https://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000528137.html
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。