旧陸軍第四師団(旧大阪市立博物館)

きゅうりくぐんだいよんしだん(きゅうおおさかしりつはくぶつかん)

次の言語でも読めます: English

投稿日:

旧陸軍第四師団(旧大阪市立博物館)

●役目を終えた歴史の語り部
 建設されたのは、昭和6年(一九三一)。昭和35年(一九六〇)に博物館として開館する以前は、旧陸軍第四師団司令部、旧大阪市警視庁本部として使用されていた。第四師団は昭和6年(一九三一)から終戦までの使用。また、大阪市警視庁はのちに大阪府警察本部へとつながり、現在は大手前3丁目に移転している。
 博物館として利用されたのは平成13年(二〇〇一)まで。大阪市の歴史に関する資料や史料を多数扱う本格的な博物館だった。同年に大手前4丁目に開館した大阪歴史博物館へ、業務や展示を引き継ぐ形で閉館した。
 現在は施設として使用されておらず、戦争遺跡として大阪城公園内、天守閣前に残されている。重厚なロマネスク様式が特徴である。

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区大阪城1 大阪城公園内
交通機関
●地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
    谷町線「天満橋駅」
    中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」
    長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」
●JR環状線「森ノ宮駅」・「大阪城公園駅」
  東西線「大阪城北詰駅」
●京阪電鉄「天満橋駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
1 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
八軒家浜船着場

 もとは永田屋昆布本店にあった八軒家浜船着場は、その昔、八軒の船宿があったことからその名がついたと云われている。  この船着場は江戸時代、熊野詣の陸の 拠点として賑わった場所。十返舎一九著「東海道中膝 …

秋田實歌碑・笑魂碑

●近代上方漫才の原型をつくった作家 「大阪漫才の父」。歌碑文は、「渡りきて浮世の 橋を眺むればさても危うく過ぎしものかな」。玉造稲荷神社は秋田實の子どもの頃の遊び場。明治38年(一九〇五)生まれ、昭和 …

天満橋
天満橋

●町役人が行き交った橋は今、2階建て  江戸時代、難波橋・天神橋と並ぶ浪花の三大橋の一つで、幕府の直轄管理である公儀橋の一つでもあった。北区天満と中央区天満橋京町を南北に結んでおり、今も昔も人々の生活 …

大坂町中時報鐘

●今も現役の釣鐘  天満橋近くに釣鐘屋敷があった。釣鐘は重さ3トン、高さ1・9m。寛永11年(一六三四)、江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)が大坂城を訪れた際に、大坂三郷の地子銀(じしぎん …

サクラアートミュージアム
サクラアートミュージアム

●大阪のまちにアートを発信 「サクラアートミュージアム」は企業美術館として、平成3年(一九九一)に本社ビル内に開設され、会社の歴史や描画材に関する資料が豊富に集められている。クレパス画約300点、油絵 …