大阪府立現代美術センター

おおさかふりつげんだいびじゅつせんたー

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2011/11/25 更新日:

大阪府立現代美術センター

●美術が楽しめる空間
 昭和49年(一九七四)に開設した「大阪府民ギャラリー」が前身。昭和55年(一九八〇)に北区中之島、平成12年(二〇〇〇)から現在地に移転した。
 「現代版画コンクール」をはじめとする公募展や企画展は、これからの才能を発掘する貴重な場になっており、作家たちには展示室を有料で提供している。
 また、子どもの感性を育てる「キッズアートラボ」などワークショップも充実。センター内には国内外の美術情報を掲示している。さらに、所蔵作品の貸し出しも行っている。
 また、大阪府庁舎本館(1階〜3階吹き抜けロビー)の「現代美術の回廊ココア」や谷町四丁目駅との連絡通路にある地下広場にも所蔵作品を展示している。

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区大手前3丁目1番43号 大阪府新別館
交通機関
●地下鉄谷町線/中央線 谷町四丁目駅
 谷町線 天満橋駅
●京阪電鉄 天満橋駅
施設情報
●問合せ先:06(4790)8520
●開館時間:10時〜18時(土・祝日16時まで)
●入場料:無料
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
井原西鶴終焉の地

●辞世の句を刻んだ碑が建つ 元禄6年(一六九三)に死去した浮世草子作家・井原西鶴の没後300年を記念して建てられた。 辞世の句「浮世の月 見過ごしにけり 末二年」が刻まれている。

越中井

●ガラシャ夫人最期の地 大坂城の南側、玉造に細川越中守忠興(ほそかわえっちゅうのかみただおき)邸があった。慶長5年(一六〇〇)、関ヶ原合戦の直前、石田三成(いしだみつなり)が家康(いえやす)方についた …

豊國神社
豊國神社

●やはり秀吉は大阪城が似合う  豊臣秀吉(とよとみひでよし)、秀頼(ひでより)、秀長(ひでなが)を祀る神社。京都の豊國神社の別社として、明治12年(1879)に中之島に創建されたのが始まりである。昭和 …

大槻能楽堂
大槻能楽堂

●能好きの太閤秀吉 とにかく能楽に熱中していた豊臣秀吉(とよとみひでよし)。自分を主人公にした「明智討」という能をつくらせている。会う人ごとに「宮廷でお見せする」と言って家臣にたしなめられたという逸話 …

阿波野青畝句碑

●敬虔なカトリック教徒の顔をもつ 奈良県生まれの俳人。「ホトトギス」の同人で あった原田浜人(はらだひんじん)に師事した。「天 の虹 仰ぎて右近 こゝにあり」。教会の高山右近(たかやまうこん)像を詠ん …