大阪府立現代美術センター

おおさかふりつげんだいびじゅつせんたー

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2011/11/25 更新日:

大阪府立現代美術センター

●美術が楽しめる空間
 昭和49年(一九七四)に開設した「大阪府民ギャラリー」が前身。昭和55年(一九八〇)に北区中之島、平成12年(二〇〇〇)から現在地に移転した。
 「現代版画コンクール」をはじめとする公募展や企画展は、これからの才能を発掘する貴重な場になっており、作家たちには展示室を有料で提供している。
 また、子どもの感性を育てる「キッズアートラボ」などワークショップも充実。センター内には国内外の美術情報を掲示している。さらに、所蔵作品の貸し出しも行っている。
 また、大阪府庁舎本館(1階〜3階吹き抜けロビー)の「現代美術の回廊ココア」や谷町四丁目駅との連絡通路にある地下広場にも所蔵作品を展示している。

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区大手前3丁目1番43号 大阪府新別館
交通機関
●地下鉄谷町線/中央線 谷町四丁目駅
 谷町線 天満橋駅
●京阪電鉄 天満橋駅
施設情報
●問合せ先:06(4790)8520
●開館時間:10時〜18時(土・祝日16時まで)
●入場料:無料
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
1 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
大槻能楽堂
大槻能楽堂

●能好きの太閤秀吉 とにかく能楽に熱中していた豊臣秀吉(とよとみひでよし)。自分を主人公にした「明智討」という能をつくらせている。会う人ごとに「宮廷でお見せする」と言って家臣にたしなめられたという逸話 …

御臨幸の跡

●軍事大国にひた走った時代を忘れない  昭和7年(一九三二)、大阪周辺での陸軍大演習に昭和天皇が御臨幸になった記念の碑。隣に歩兵第八連隊跡碑がある。兵営は当初、現在の大阪医療センターの地にあったが、明 …

大坂町奉行所(東町・西町)

●八百八橋の町奉行所  幕府の直轄地であった大坂には、大坂城京橋門外、西外堀西側に東西2つの奉行所が置かれ、1カ月交代で執務にあたっていた。奉行所の機構は、町奉行の下に家老・用人・取次、さらにその下に …

八軒家船着場の跡

●今も昔も京都からの玄関口  天満橋付近は江戸時代、8軒の宿があったことから、八軒家浜と呼ばれていた。京都と大坂を結んで淀川を行き来した三十石船の船着場として栄え、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の『 …

京橋

 京橋は、大阪城の北側すぐの寝屋川に架かっている。この橋は大阪城の北玄関口に当たる橋で、豊臣秀吉の時代に架けられたともいわれている。江戸時代には重要な公儀橋に指定され、大坂城を起点として京都へ向かう京 …