大阪府立現代美術センター

おおさかふりつげんだいびじゅつせんたー

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2011/11/25 更新日:

大阪府立現代美術センター

●美術が楽しめる空間
 昭和49年(一九七四)に開設した「大阪府民ギャラリー」が前身。昭和55年(一九八〇)に北区中之島、平成12年(二〇〇〇)から現在地に移転した。
 「現代版画コンクール」をはじめとする公募展や企画展は、これからの才能を発掘する貴重な場になっており、作家たちには展示室を有料で提供している。
 また、子どもの感性を育てる「キッズアートラボ」などワークショップも充実。センター内には国内外の美術情報を掲示している。さらに、所蔵作品の貸し出しも行っている。
 また、大阪府庁舎本館(1階〜3階吹き抜けロビー)の「現代美術の回廊ココア」や谷町四丁目駅との連絡通路にある地下広場にも所蔵作品を展示している。

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区大手前3丁目1番43号 大阪府新別館
交通機関
●地下鉄谷町線/中央線 谷町四丁目駅
 谷町線 天満橋駅
●京阪電鉄 天満橋駅
施設情報
●問合せ先:06(4790)8520
●開館時間:10時〜18時(土・祝日16時まで)
●入場料:無料
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
1 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
月山貞一旧居跡

●逆境の中での刀剣づくり  天保7年(一八三六)生まれ。7歳から養父の貞吉(さだよし)につき、刀剣づくりの修行をする。貞一の特色は、月山流に各地の鍛刀技術を取り入れた点にある。幕末から明治にかけて刀の …

八軒家浜船着場

 もとは永田屋昆布本店にあった八軒家浜船着場は、その昔、八軒の船宿があったことからその名がついたと云われている。  この船着場は江戸時代、熊野詣の陸の 拠点として賑わった場所。十返舎一九著「東海道中膝 …

城中焼亡埋骨墳

●大坂城で命を落とした兵を弔う  大阪城玉造門の南側にある。明治元年(一八六八)戊辰戦争のとき、燃える大坂城から逃げ出さずに自害した幕府軍の兵士をたたえて、薩摩・長州藩が共同で建てた。

北組惣会所跡・南組惣会所跡

●町人が中心となって町政を司る  江戸時代の大坂は、大川以南から本町通までの北組、本町通から道頓堀あたりまでの南組、大川以北の天満組に区分され、その3組を総称して大坂三郷と呼ばれていた。  各組には自 …

教育塔

●教育活動中に亡くなった方を追悼する  昭和9年(一九三四)の室戸台風による教育関係者や児童の犠牲者の慰霊を目的として、昭和11年(一九三六)に建立。教育活動中に亡くなった方に加えて、御巣鷹山での日航 …