第50回企画展「浮世絵のいろいろ〜あか篇〜」

このイベントは終了しました。
2013/12/17~2014/03/09

次の言語でも読めます: English

投稿日:

第50回企画展「浮世絵のいろいろ〜あか篇〜」

上方浮世絵館上方浮世絵館では、江戸時代に大阪で制作されていた浮世絵を展示しています。江戸時代に誕生した浮世絵版画の魅力は、色を摺りかさねることによって、色彩豊かに表現されるところがあげられます。

浮世絵には、主な輪郭を構成する墨の黒をはじめ、多様な色が使用されています。植物性や鉱物性の絵の具だけでなく、幕末には海外からの化学染料も使われ、“色”からも浮世絵の歴史を見ることができます。

そこで、今回の展示では“浮世絵の色”のなかでも、“赤”に注目します。さまざまな赤色の種類を紹介するとともに、浮世絵の“赤”の表現をご覧いただきたいと思います。

芳瀧画「契情曽我裾野誉」

現在地からルート検索
追加情報
開館時間:11時00分~18時00分(入館は17時30分)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)
問合せ先:上方浮世絵館 06-6211-0303
ホームページ
http://kamigata.jp/kmgt/
所在地
上方浮世絵館(大阪市中央区難波1-6-4)
交通機関
地下鉄御堂筋線・千日前線「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。