どんどこ船や文楽船、落語船 2016

このイベントは終了しました。
2016/07/24~2016/07/25

投稿日:2016/06/20 更新日:

どんどこ船や文楽船、落語船 2016

「どんどこ船」と「子どもどんどこ船」は船渡御の列から自由に航行して祭を盛り上げる唯一手漕ぎの勇壮で華やかな船です。
「どんどこ船」の名前の由来はどんどこと音をかき鳴らしながら進むことに因むといわれ、天神祭の開催を知らせてくれます。 「子どもどんどこ船」は何か月にも渡って練習してきた子若(こわか)と呼ばれる小中学生とは思えないパワーで漕ぐ船です。
7月25日の本宮には「文楽船」と「落語船」が戎橋から賑やかに出港し、大川を巡って再び戎橋に戻ってきます。 「文楽船」は出港前、文楽人形をしたがえ国立文楽劇場からナンバウォーク、戎橋筋商店街を通り道頓堀まで技芸員らによる練り歩き後、乗船します。 午後4時半頃には文楽人形や技芸員、落語家さん達が参加した華やかなセレモニーが行われ、大阪締めなど祭気分も最高潮に達し大川に向けて出航します。
是非、ミナミの天神祭りを身近に体験してください!

現在地からルート検索
ホームページ
https://www.facebook.com/Bunrakubune
所在地
道頓堀川
交通機関
●地下鉄「なんば駅」
●阪神・近鉄「大阪難波駅」
●南海「なんば駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。