大阪歴史博物館 常設展示「大坂四条派の絵画」

このイベントは終了しました。
2017/04/12~2017/05/29

投稿日:

大阪歴史博物館 常設展示「大坂四条派の絵画」

江戸時代中期の絵師円山応挙は、写生を活かした画風を創始し人気を博しました。その表現を一層洒脱にしたのが呉春です。余白を広く取り、かつ輪郭線を極力抑え、また身近な動植物を比較的少ない筆数でさらりと描く点などが特徴です。彼の弟子は大坂にも数多くおりました。今回は呉春をはじめ、長山孔寅、上田公長、菅其翠、西山完瑛らの作品を展示します。季節感あふれる爽快な絵画をご覧ください。

現在地からルート検索
追加情報
時間:9時30分~17時
※入館は閉館30分前まで
休館日:火曜日
観覧料:大人600円、高校生・大学生400円、中学生以下無料
※大阪市在住の65歳以上の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
問合せ先:大阪歴史博物館(TEL 06-6946-5728)
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館
(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。