大阪府立中之島図書館 特別展「戦後大阪の文芸展~焼け跡から平成のはじまりまで」

2018/01/15~2018/02/28

投稿日:

大阪府立中之島図書館 特別展「戦後大阪の文芸展~焼け跡から平成のはじまりまで」

平成30年を迎え、いよいよ昭和も遠くなりました。太平洋戦争後の焼け跡から「奇跡の復興」と呼ばれる目覚ましい戦後復興を成し遂げ、経済大国へと発展したこの時代、大阪では様々な文学が花開きました。
今回の展示は、戦後に活躍した大阪ゆかりの作家・文学者などを取り上げ、当館所蔵の資料(著書や掲載雑誌、原稿・書簡類)を通じて、来場された皆様に「戦後大阪」の文学の豊かな広がりや魅力を感じていただく機会になればと考えて企画いたしました。
「戦後昭和」を歩まれた方々には、若き日に読んだ懐かしい作品から新たな発見をしていただき、「戦後昭和」をあまりご存じない方々には、現在につながる多彩な文学を体験いただければ幸いです。

<同時開催>
講演会大阪の陸軍工廠跡を舞台にした作品の系譜 ―開高健、小松左京、梁石日、そして金時鐘―」を2月23日(金曜日)14時~15時30分に開催します。

現在地からルート検索
追加情報
時間:10時~17時
休館日:日曜日、2月12日(月曜日・振替休日)
入場料:無料
問合せ先:大阪府立中之島図書館 TEL06-6203-0474
ホームページ
http://www.library.pref.osaka.jp/site/osaka/bungeiten2018.html
所在地
大阪府立中之島図書館 3階 展示室(大阪市北区中之島1-2-10)
交通機関
地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
こんなイベントもあります!
ゆめまるくん
大阪府立中之島図書館 講演会「大阪の陸軍工廠跡を舞台にした作品の系譜―開高健、小松左京、梁石日、そして金時鐘―」
期間:2018/02/23 14:00~15:30
場所:大阪府立中之島図書館 別館2階(大阪市北区中之島1-2-10)