大槻能楽堂自主公演能 能の魅力を探るシリーズ-洛陽の春-

2018/04/28,2018/05/19,2018/06/16

投稿日:

大槻能楽堂自主公演能 能の魅力を探るシリーズ-洛陽の春-

全国の能の舞台となった史跡を巡る平成30年度の大槻能楽堂自主公演能。
4・5・6月公演は、春~初夏の京都を舞台とした三公演。

●2018年4月28日(土)
お話 中西 進「京洛の花と西行」
能「西行桜 素囃子」梅若 実(玄祥改メ)

●2018年5月19日(土)
お話 梅内 美華子「大念仏会の女曲舞師」
狂言「花折」善竹 隆司
能「百萬 法楽之舞」浅井 文義

●2018年6月16日(土)
お話 馬場 あき子「六道を見た女院」
能「大原御幸」梅若 万三郎

現在地からルート検索
追加情報
料金:
前売一般5,400円(+500円で指定席) 当日5,900円
学生前売2,700円 当日3,100円
※U-25(25歳以下学生)立ち見800円
チケット販売:
・大槻能楽堂事務局、大槻能楽堂ホームページ
・ローソンチケット、チケットぴあ
問合せ先:大槻能楽堂 06-6761-8055
ホームページ
http://www.noh-kyogen.com/
所在地
大槻能楽堂
(大阪市中央区上町A-7)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)
 堺筋線・中央線「谷町四丁目」駅
 堺筋線・千日前線「谷町六丁目」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。