開館30周年記念「湯木コレクション選-𠮷兆庵大師会の茶道具-」

2018/04/01~2018/06/25

投稿日:

開館30周年記念「湯木コレクション選-𠮷兆庵大師会の茶道具-」

湯木貞一(𠮷兆庵)は昭和を代表する数寄者として、生涯を料理と茶の湯に捧げました。茶事や茶会で実際に使用するために集められたコレクションの多くは、茶道史や日本美術史を語る上で重要な位置を占める品々です。
近代数寄者達の社交場であった名品が集まる茶会には「東の大師会、西の光悦会」とも言われるように二つの代表的な茶会が存在します。今展で取り上げる大師会は、三井財閥の基礎を築き財界で活躍する一方で、近代の茶の湯界もリードした益田鈍翁が始めました。多人数が広い場所で茶を楽しみ美術鑑賞をする、いわゆる大寄せの茶会のスタイルを確立した茶会として知られます。大師会へ招待されることはエリートの証であり、政財界の人々は競って参加しようとしました。この結果、新世代の数寄者達が誕生することになります。彼らはそれまで茶の湯とは無縁であった古美術品や仏教美術などを茶席に取り入れるなど新たな茶を行い、近代の茶の湯の在り方を方向付けました。
湯木貞一は大師会で2回釜を掛けており、初参加の昭和39年には「(重要文化財) 佐竹本三十六歌仙絵 在原業平」(後期展示)や「色絵柳橋図水指 仁清」などを用いました。掛物の「在原業平」は、鈍翁が主体となり絵巻を分割し仕立てた掛物として著名です。
本展では当時の数寄者達の華やかで自由な茶の実現の場であり、現在の茶の湯の始まりの場でもあった大師会において、湯木がどのような茶席を演出したかを紹介します。あわせて「名品をすべてご覧いただきます=その1=」に引き続き、湯木貞一が集めた重要文化財や重要美術品を含む茶道具を陳列し、前後期あわせて約50点をご覧いただきます。

<会期>
平成30年4月1日(日)~6月25日(月)
前期:4月1日(日)~5月13日(日)
後期:5月16日(水)~6月25日(月)

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.yuki-museum.or.jp/
所在地
湯木美術館(大阪市中央区平野町3-3-9)
交通機関
地下鉄御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
施設情報
開館時間:午前10時~午後4時30分
(入館は午後4時まで)
休館日:毎週月曜日
入館料:
一般700円/大学生400円/高校生300円
(一般のみ、20名以上の団体は100円引き)
問合せ先:湯木美術館
TEL 06-6203-0188、FAX 06-6203-1080
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。