大阪歴史博物館 特集展示「大阪を襲った淀川大洪水」

2018/05/09~2018/06/25

投稿日:

大阪歴史博物館 特集展示「大阪を襲った淀川大洪水」

明治18年(1885年)の淀川大洪水は、享和2年(1802年)と並ぶ大規模な洪水となり、6月中旬から7月初旬にかけての2度の洪水によって、大阪府の北河内・中河内から大阪市全域(上町台地を除く)が浸水しました。この洪水では、大川に架かる川崎橋・天満橋・天神橋・難波橋(南半分)・淀屋橋・安治川橋などが倒壊・流失し、家屋の浸水72,509戸、流失1,749戸、被災者は304,199人となり、この豪雨災害をきっかけとして淀川の大がかりな治水工事が行われることになりました。
この展覧会では、大阪歴史博物館が所蔵する明治18年の淀川大洪水を写した最初期の災害写真や、被災状況を伝える瓦版などを中心に、享和2年の淀川の洪水に関する資料もあわせて展示し、明治18年の淀川大洪水を振り返ります。

約30件の展示資料
・享和2年淀川洪水関係資料(地図・絵図・瓦版)4点
・明治18年洪水記録写真(『明治拾八年大阪府水害之実写』からパネル展示)20枚
・明治18年洪水瓦版5枚 など

●学芸員による展示解説
日時:平成30年5月19日(土曜日)、6月2日(土曜日)、6月16日(土曜日)いずれも午後2時より30分程度
会場:大阪歴史博物館 8階 特集展示室
担当:伊藤廣之(当館 学芸員)
参加費:無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要です。)
参加方法:当日直接会場へお越しください。

大阪歴史博物館 特集展示「大阪を襲った淀川大洪水」
現在地からルート検索
追加情報
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:火曜日
観覧料:常設展示観覧料でご覧になれます。
大人600円(20名以上の団体割引料金は540円)、高校生・大学生400円(20名以上の団体割引料金は360円)。
なお、中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
問合せ先:大阪歴史博物館
TEL06-6946-5728、FAX06-6946-2662
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館8階 特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。