大阪歴史博物館 常設展示「大阪の刀剣と金工」

2018/06/13~2018/08/13

投稿日:

大阪歴史博物館 常設展示「大阪の刀剣と金工」

大阪歴史博物館では、常設展示「大阪の刀剣と金工」が開催されています。
堺の刀工・水野正範が長曽根虎徹を倣って刀身を鍛え、大阪の刀身彫刻師・岩崎百佑がその刀身に龍を透かし彫った合作の脇差と、 大阪の装剣金工・阪井俊政の鐔3枚を展示します。

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館 7階 美術工芸の諸相コーナー(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
OsakaMetro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
施設情報
時間:9時30分~17時
※入館は閉館30分前まで
休館:火曜日
観覧料:大人 600円(20名以上の団体割引料金は、540円)、高校・大学生400円(20名以上の団体割引料金は、360円)
なお、中学生以下・大阪市内在住の65歳以上(要証明証提示)の方、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
問合せ先:大阪歴史博物館 TEL06-6946-5728
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。