沢田教一展-その視線の先に

このイベントは終了しました。
2018/08/22~2018/09/03

投稿日:

沢田教一展-その視線の先に

大阪高島屋では「沢田教一展-その視線の先に」が開催されます。
1965年からベトナム戦争で米軍に同行取材し、最前線で激しい戦闘や兵士の表情などを数多く写真におさめた写真家、沢田教一。
輝かしい実績を残し、「安全への逃避」でピュリッツァー賞を獲得しています。沢田の写真に通底するのは、優しい眼差し。疲れ果てた名もなき兵士はうずくまり、家を追われた罪なき市民は荷物を抱え、故郷・青森の貧しい漁民には寒風が吹きすさぶ・・・、しかし皆、かすかな希望を頼りに強く懸命に日々を生きていました。その「希望」こそ、沢田が追い続けた被写体だったのではないでしょうか。
妻・サタさんをはじめ関係者の証言を紡ぎながら、34歳で殉職した沢田の業績をたどります。

主催:朝日新聞社
企画協力:沢田サタ、斉藤光政
協力:山川出版社

現在地からルート検索
追加情報
入場時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※8月24日(金)・25日(土)・31日(金)、9月1日(土)は午後8時まで(午後8時30分閉場)
※最終日9月3日(月)は午後4時30分まで(午後5時閉場)
入場料:一般800円、大学・高校生:600円、中学生以下無料
※「障がい者手帳」をご提示いただいたご本人様、ならびに、ご同伴者1名様は入場無料とさせていただきます。
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/sawada.html
所在地
大阪高島屋 7階グランドホール
(大阪市中央区難波5-1-5)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅
●阪神電車・近鉄「大阪難波」駅
●南海電車「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
1 人中 1 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。