高島屋美術部創設110年記念 東京藝術大学退任記念 深井 隆展-在ることについて-

2018/12/12~2018/12/25

投稿日:2018/11/29 更新日:

高島屋美術部創設110年記念 東京藝術大学退任記念 深井 隆展-在ることについて-

大阪高島屋 6階ギャラリーNEXTでは「深井 隆展-在ることについて-」が開催されます。
長い間彫刻を作ってきて、固く言えば「在ること」は、ずっと頭の中にあるテーマだった。椅子やソファーを作る時は、人間がいることといないこと(存在と不在)を考えていた。今回、「家」のカタチを展示しようと思った。「家」は家族のことであり、人が生きる場所であり、集うところである。つまり「家」とは人の想いや物語が詰まった場所だといえる。古い家が壊され、新しい家が建つ。物語が消え物語がうまれる。「家」にも存在と不在が隠れていた。家のカタチは、「在ること」に繋がっている。
深井隆

現在地からルート検索
追加情報
時間:10時~20時
※週末(金土)、12月23日(日・祝)~25日(火)は20時30分まで。
※最終日は16時閉場
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/event3/index.html
所在地
大阪高島屋 6階ギャラリーNEXT
(大阪市中央区難波5-1-5)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅
●阪神電車・近鉄「大阪難波」駅
●南海電車「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。