大阪市立東洋陶磁美術館 企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」

2018/12/08~2019/02/11

投稿日:2018/11/29 更新日:

大阪市立東洋陶磁美術館 企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」

エリック・ゼッタクイスト(1962-)は、1992年までの10年間、現代美術家の杉本博司(1948-)のもとで働きながら現代的な写真表現と東洋の古美術を学び、現在はニューヨークを拠点に活動しています。「古陶磁の肖像」とも言える「オブジェクト・ポートレイト」は、古陶磁の細部を高度に抽象化したシリーズです。ゼッタクイストはこのシリーズについて「東洋と西洋、そして古代と現代の出会い」だとして、ミニマリストの作品や、宋磁からの影響を挙げています。彼の写真は、宋時代の山水画を意識したものもあれば、アレクサンダー・コールダー(1898-1976)に代表されるモダニズムの構成を思わせる作品も見られます。
彼はこれまでにフィラデルフィア美術館(2014年)やバンコクの東南アジア陶磁美術館(2016年)において、各館の所蔵作品を撮影した「オブジェクト・ポートレイト」シリーズの展覧会をおこなってきました。本展は、日本で初めて彼の作品を紹介するものであり、2016年に彼が当館の所蔵品を撮影した34点の写真を、被写体となった陶磁器作品とともにご覧いただきます。時代の異なる美術の様式を行き来するように、ゼッタクイストの眼をとおして陶磁器の新たな表情を見つめ直します。

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.moco.or.jp/
所在地
大阪市立東洋陶磁美術館
(大阪市北区中之島1-1-26)
交通機関
●京阪中之島線「なにわ橋」駅
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅
●Osaka Metro(大阪メトロ)堺筋線・京阪本線「北浜」駅
施設情報
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※12月21日(金)から12月24日(月)は午後7時まで
休館:月曜日(12/24、1/14、2/11は開館)、12/25(火)、1/15(火)、年末年始[12/28(金)~1/4(金)]
観覧料:一般600(480)円、高校生・大学生360(300)円
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)
※本料金で館内の展示すべてをご覧いただけます。
べてをご覧いただけます)
問合せ先:大阪市立東洋陶磁美術館
TEL06-6223-0055、FAX06-6223-0057
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。