現代工芸家による 新春を寿ぐ酒器展

2018/12/26~2018/12/31

投稿日:

現代工芸家による 新春を寿ぐ酒器展

近畿圏を中心に活躍し、現代陶芸を牽引する若手作家21名による、酒器をメインとするグループ展を開催いたします。陶磁器とガラス素材の杯、ぐい呑、徳利、片口とともに、今展では酒器だけでなく正月の「床飾り」という意味で、各作家一点ずつの小さめの作品を展示し、普段の作家の仕事をご紹介させていただきます。何卒ご高覧賜りますようご案内申しあげます。

<出品作家>
●陶磁器
安洞 雅彦 井倉 幸太郎 大石 早矢香 大上 裕樹 岡安 真美
小川 宣之 加藤 美樹  川尻 潤   下村 一真 武村 和紀
田中 雅文 田中 悠   中村 宏太郎 中村 譲司 樋口 奎人
藤田 美智 藤信 知子  堀口 彩花  南 繁樹
●ガラス
奥島 圭二 土橋 隆弘
(敬称略・50音順)

現在地からルート検索
追加情報
時間:10時~20時
※週末(金土)は20時30分まで
※最終日は15時閉場
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/event3/index.html
所在地
大阪高島屋 6階美術画廊
(大阪市中央区難波5-1-5)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅
●阪神電車・近鉄「大阪難波」駅
●南海電車「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。