新発見!なにわの考古学2018

2018/10/31~2019/01/21

投稿日:2018/12/12 更新日:

新発見!なにわの考古学2018

大阪歴史博物館では、特集展示「新発見!なにわの考古学2018」が開催されています。
この特集展示では、平成29年度に大阪文化財研究所が行った大阪市内の遺跡発掘調査のうち、弥生時代中期の穴に据えられて出土した壺と甕(平野区喜連西遺跡)、朝鮮通信使との関連が示唆される17世紀前~中葉の朝鮮半島の白磁(中央区大坂城下町跡)、梅田墓で見つかった土人形などの副葬品(北区大深町遺跡)といった出土品約300点を、発掘現場の写真パネルとともに紹介します。

<展示解説>
12月22日(土)、2019/1/12(土) ※いずれも14時から30分程度
場所:8階 特集展示室
参加方法:当日直接会場にお越し下さい。

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館 8階 特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ) 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
施設情報
時間:9時30分から17時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館:火曜日、年末年始(12月28日から1月4日)
観覧料:常設展示観覧料でご覧になれます。
大人600円(20名以上の団体割引料金は、540円)、高校生・大学生400円(20名以上の団体割引料金は、360円)
※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
問合せ先:大阪歴史博物館(TEL 06-6946-5728)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。