特集展示「森の宮遺跡と河内地方の縄文土器」

2019/01/23~2019/03/18

投稿日:

特集展示「森の宮遺跡と河内地方の縄文土器」

大阪歴史博物館では、平成31年1月23日(水曜日)から平成31年3月18日(月曜日)まで、8階特集展示室において特集展示「森の宮遺跡と河内地方の縄文土器」を開催します。
今回の展示では森の宮遺跡をはじめとする大阪市内の縄文時代遺跡から出土した土器と、大阪歴史博物館が所蔵する河内湾沿岸の縄文時代遺跡出土の土器を展示し、共通する文様から河内湾沿岸で生活していた人々の交流を浮かび上がらせます。
大阪市中央区に所在する森の宮遺跡は西日本でも最大級の貝塚がある遺跡で、縄文時代中期から古墳時代まで途切れることなく人々の生活が営まれていました。森の宮遺跡で暮らす人々は、遺跡の西側にある上町台地で獣を狩猟し、東側の河内湾と呼ばれる海で魚介を採集して暮らしていたことがわかっています。同じ頃、河内湾沿岸にはほかにも多くの集落が営まれ、そこに住む人々も集落間で交流を行い、河内湾を生業の場として利用していました。

●学芸員による展示解説
日時:平成31年1月27日(日曜日)及び3月3日(日曜日)いずれも午後2時より30分程度
会場:大阪歴史博物館 8階特集展示室
担当:松尾 信裕(大阪歴史博物館学芸員)
参加費:無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要です)
参加方法:当日直接会場へお越しください。

現在地からルート検索
追加情報
開館時間:9時30分~17時まで(平成31年1月25日(金曜日)を除く会期中の金曜日は20時まで開館。なお、入館は閉館の30分前まで)
休館:火曜日
料金:常設展示観覧料でご覧になれます。
大人600円(20名以上の団体割引料金は540円)、高校生・大学生400円(20名以上の団体割引料金は360円)
なお、中学生以下・大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
問合せ先:大阪歴史博物館 TEL06-6946-5728
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館 8階特集展示室・常設展示場内(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
こんなイベントもあります!
シンポジウム「河内地域の縄文時代遺跡と縄文土器」
期間:2019/02/17 10:00~16:45
場所:大阪歴史博物館 4階講堂(大阪市中央区大手前4-1-32)