漆芸 七代 金城 一国斎 展

このイベントは終了しました。
2019/02/13~2019/02/19

投稿日:

漆芸 七代 金城 一国斎 展

大阪高島屋 6階美術画廊では「漆芸 七代 金城 一国斎 展」が開催されています。
初代金城一国斎は尾張徳川藩で時代蒔絵を得意とし、二代一国斎が諸国を巡り現在の広島に移りました。その道中、大阪に住み蒔絵をしていたとも伝えられています。大阪での初めての個展に深い縁を感じています。昨年の第65回日本伝統工芸展で優秀賞を受賞し、その記念作の切金螺銅香合「青麦」をはじめ、飾箱・秦・香合・菓子器・酒器など約50点を展観いたします。
ぜひご高覧いただきますよう、ご案内申しあげます。
七代 金城 一国斎

現在地からルート検索
追加情報
時間:10時~20時
※最終日は16時閉場
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/topics/detail.html?category=art&id=1521#contents
所在地
大阪高島屋 6階美術画廊
(大阪市中央区難波5-1-5)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅
●阪神電車・近鉄「大阪難波」駅
●南海電車「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。