手塚雄二展 光を聴き、風を視る

2019/04/10~2019/04/22

投稿日:

手塚雄二展 光を聴き、風を視る

光や空間を表現する西洋的な技法も取り入れ、日本の伝統美を高純度かつスマートな感性で流麗に描き上げ、新時代の日本画を切り拓く画家・手塚雄二。
1953年神奈川県に生まれ、東京藝術大学在学中に院展に初入選、故・平山郁夫に師事し、39歳の若さで日本美術院同人に推挙されるなど、早くから21世紀を担う日本画壇の旗手として嘱望され、今や現代日本画壇を牽引するトップレベルの作家として活躍しています。今回の展覧会は、初期の幻想的な作品から、「静と動」「虚と実」「煌びやかさと物哀しさ」など相反するイメージが自然と融合する作品、「内なる自然」「内なる宇宙」の探求へと向かう最新作まで約50点を展覧いたします。

現在地からルート検索
追加情報
入場時間:10時~19時30分(20時閉場)。
※ただし4月12日(金)・13日(土)・19日(金)・20日(土)は20時まで(20時30分閉場)。
※最終日4月22日(月)は16時30分まで(17時閉場)。
入場料(税込):一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
※障がい者手帳等をお持ちの方(同伴者1名を含む)は入場無料
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/osaka/
所在地
大阪高島屋 7階グランドホール
(大阪市中央区難波5-1-5)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅
●阪神電車・近鉄「大阪難波」駅
●南海電車「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。