光と照明による能舞台の陰翳 小鍛冶 黒頭

2019/08/23 19:00~

投稿日:

光と照明による能舞台の陰翳 小鍛冶 黒頭

山本能楽堂では、「光と照明による能舞台の陰翳」が公演されます。

かつて、能は屋外の自然光の下で演じられていました。一日の時間の経過とともに、光は、能舞台を効果的に演出されてきました。しかし、明治時代に電気が発見され、屋外にあった能舞台も能楽堂となり、建物の中に入ってから、いつしか能は、平坦な蛍光灯の下で演じられるようになりました。
山本能楽堂は、平成25年、LED照明機能を導入し、この「光と照明による能舞台の陰翳」は、照明デザイナー藤本隆行さんの照明デザインによる演出で、上演を重ねました。
世界最古の仮面劇でありユネスコ世界無形遺産である能楽と、日本で生まれた最先端の技術の結晶であるLED。「今」の技術と感性が加わり、現代における魅力ある能舞台を贅沢にお楽しみください。

光と照明による能舞台の陰翳 小鍛冶 黒頭
現在地からルート検索
追加情報
料金:一般 前売3,000円、当日4000円
チケット販売:電話またはホームページからお申し込みください。
問合せ先:山本能楽堂 TEL06-6943-9454
ホームページ
http://www.noh-theater.com/
所在地
山本能楽堂
(大阪市中央区徳井町1-3-6)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。