特集展示「新発見!なにわの考古学2019」関連行事 『大阪の歴史を掘る2019』講演会

このイベントは終了しました。
2019/12/14 13:30~16:30

投稿日:2019/11/20 更新日:

特集展示「新発見!なにわの考古学2019」関連行事 『大阪の歴史を掘る2019』講演会

特集展示「新発見!なにわの考古学2019」に関連して、12月14日(土)に「大阪の歴史を掘る2019」講演会が開催されます。
今回の講演会では、龍谷大学文学部教授の國下多美樹氏をお招きします。國下氏は、長く長岡宮・京の発掘調査に携わり、長岡京・平安京を中心に、古代日本の都城を考古学的に解明することを研究の柱とされています。当日は、奈良時代の難波宮が廃止されて以後、時代の転換点でもある8世紀末・9世紀初めの長岡・平安への遷都事業について、特に物資の移動経路に着目したご研究を講演していただきます。
また、昨年度(平成30年度)の大阪市内の発掘調査成果については、大阪市教育委員会の櫻田小百合氏に発表していただきます。学生時代から続けている弥生時代の竪穴建物の研究成果を基に、桑津遺跡発見の竪穴建物を解説するとともに、ご自身が担当された大坂城石垣の調査をはじめ、さまざまな発掘調査成果の見どころについてお話ししていだだきます。
当日はカラー写真をふんだんに使った冊子を講演会資料としてお配りします。

<内容>
「平成30年度 大阪市内の発掘調査について」
 櫻田 小百合 氏(大阪市教育委員会 学芸員)
「長岡京遷都、そして平安京への道」
 國下 多美樹 氏(龍谷大学文学部 教授)

※当ページの情報は掲載時点での情報です。コロナ感染症の状況等により中止・変更になる場合がありますので、主催者発表の最新情報を必ずご確認お願いします。
現在地からルート検索
追加情報
定員:250名(当日先着順)
参加費:500円
参加方法:当日直接会場にお越しください
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館 4階講堂(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
施設情報
時間:9時30分から17時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館:火曜日、年末年始(12月28日から1月4日)
観覧料:
常設展示観覧料
大人600円(20名以上の団体割引料金は、540円)、高校生・大学生400円(20名以上の団体割引料金は、360円)
※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
問合せ先:大阪歴史博物館(TEL 06-6946-5728)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
こんなイベントもあります!
新発見!なにわの考古学2019
期間:2019/10/16~2020/01/06
場所:大阪歴史博物館 8階特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32)