働く側、雇う側それぞれの立場で考える「がんと就業」シンポジウム2019~必要な支援、体制とは~

このイベントは終了しました。
2019/12/11 13:30~16:30

投稿日:

働く側、雇う側それぞれの立場で考える「がんと就業」シンポジウム2019~必要な支援、体制とは~

エル・おおさかでは、『働く側、雇う側それぞれの立場で考える「がんと就業」シンポジウム2019』が開催されます。
日本人の2人に1人が「がん」にり患すると言われており、20代後半からり患率は上がっていきます。一方、医療の進歩により、治療しながら働く人の増加が見込まれています。今回、働く側、雇う側双方の身近にある「がんと就業」について、専門家、当事者の話から、「がんと就業の両立支援」について皆様と一緒に考えます。

【プログラム】
<第1部> 
  基調講演(13時30分から14時10分)
   テーマ:「がん患者さんの働き方改革~最新のがん治療と就労・両立支援~」
   登壇者:大阪国際がんセンター副院長 東山 聖彦氏
<第2部>  
  大阪府からのお知らせ(14時10分から14時25分)
   内容:「がん検診」ほか
<第3部>
  パネルディスカッション(14時35分から16時30分)
   テーマ:「病気(がん)になっても働き続けられる社会とは」
   登壇者:<雇う側> 株式会社山田製作所 代表取締役会長 山田 茂 氏  
        <働く側> 大阪肝臓友の会 副会長 浅尾 元明 氏
        <支援側> 大阪労災病院 がん相談支援センター 師長 奥田 ゆり子 氏
  ファシリテーター:グッドニュース発信塾 塾長 大谷 邦郎 氏

※当ページの情報は掲載時点での情報です。コロナ感染症の状況等により中止・変更になる場合がありますので、主催者発表の最新情報を必ずご確認お願いします。
現在地からルート検索
追加情報
定員:100名(先着順)
料金:参加無料
申込方法:ホームページからお申し込みください。
問合せ先:OSAKAしごとフィールド 中小企業人材支援センター
TEL 06-6910-3765
月~金曜 9時30分から18時30分(17時30分受付終了)※祝日を除く
ホームページ
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=23032
所在地
エル・おおさか本館10階(大阪市中央区北浜東3-14)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)堺筋線「北浜」駅、谷町線「天満橋」駅
●京阪電車「北浜」駅、「天満橋」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。