第129回特集展示「発掘成果から考える 近世都市『おおさか』の食文化」

2020/03/04~2020/05/11

投稿日:2020/01/15 更新日:

第129回特集展示「発掘成果から考える 近世都市『おおさか』の食文化」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策により、令和2年2月29日 (土)~未定まで休館となりました。

大阪歴史博物館では、令和2年(2020)3月4日(水)~5月11日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「発掘成果から考える 近世都市「おおさか」の食文化」を開催します。
本展では生活の基本となる「食」の面から大阪市内の考古資料を特集します。考古資料の中でも多くの割合を占める食膳具・調理具は、時期によって産地や器種に違いがみられます。これらは豊臣期から江戸時代を通じて国内外から広く搬入、販売されており、大坂という大都市の特徴をうかがい知ることができます。展示では、大坂城内・蔵屋敷・城下町の各地点に住まう人々が所有した碗・皿・擂鉢・鍋などの多彩な陶磁器・土器類を中心に、骨・貝殻といった食材の痕跡、魚種名が記された魚市場跡出土木簡などをあわせて紹介します。
かつて食膳をにぎわせたことを示すこれらの資料から、現代の私たちの食卓にも連なる近世大坂の食文化の展開を考えます。

<展示解説>
日時:令和2年(2020)3月21日(土)、4月18日(土)
いずれも午後2時~(30分程度)
会場:大阪歴史博物館 8階 特集展示室
参加費:無料(ただし、入場には常設展示観覧券が必要)
参加方法:当日直接会場へお越しください。
担当:安岡早穂(大阪歴史博物館学芸員)

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館 8階特集展示室(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
施設情報
時間:9時30分から17時まで(会期中の金曜日は20時まで)
※会期中の4月10、17、24日を除く金曜日は20時まで
※入館は閉館30分前まで
休館:火曜日
観覧料:常設展示観覧料でご覧いただけます。
大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金。
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
問合せ先:大阪歴史博物館(TEL 06-6946-5728)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。