特別展「大阪空襲体験画展」~ 未来に伝えたい人びとの記憶 ~

2020/05/22~2020/07/19

投稿日:

特別展「大阪空襲体験画展」~ 未来に伝えたい人びとの記憶 ~

ピースおおさかでは、特別展「大阪空襲体験画展」~未来に伝えたい人びとの記憶~が開催されます。
昭和19年(1944年)12月から終戦前日の8月14日まで、大阪は8回の大空襲を含む50回以上の空襲を受けました。第一次大阪大空襲があった昭和20年(1945年)3月には、東京や神戸、名古屋でも大空襲がありました。令和2年(2020年)3月は大空襲から75年の年にあたります。
体験者たちが当時の記憶や心情、状況を思い、描き起こした「空襲体験画」は、空襲の凄まじさを伝え、見る人の胸を打つ貴重な資料として残されています。
今回は約2年ぶりの開催となり、前回の特別展では展示できなかったものも紹介します。

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.peace-osaka.or.jp/
所在地
ピースおおさか 1階特別展示室(大阪市中央区大阪城2-1)
交通機関
JR環状線・Osaka Metro(大阪メトロ)中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮」駅
施設情報
開館時間:午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分までです)
入館料:大人250円、高校生150円、中学生以下は無料、65歳以上・障がい者の方も無料(要証明書)、20名以上は団体割引
休館日:
・月曜日
・国民の休日の翌日(9月から11月までを除く)
・年末・年始
・館内整理日(所定月の月末)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。