常設展示「天神祭の船渡御図」

このイベントは終了しました。
2020/06/24~2020/08/03

投稿日:

常設展示「天神祭の船渡御図」

大阪歴史博物館では、常設展示「天神祭の船渡御図」が開催されています。
毎年7月24日・25日の天神祭は、大阪の夏祭りのクライマックスともいわれる大きな都市祭礼です。夕刻から大川でおこなわれる船渡御は祭りの大きな特色となっており、現代では電飾きらびやかな船列や花火で知られています。
江戸時代には旧暦6月におこなわれ、神輿みこしは難波橋なにわばしから乗船し、下流の御旅所おたびしょへ渡御しました。この展示では、天神祭の船渡御を描いた二つの屏風と摺り物で江戸時代の祭りの姿をご紹介します。
 災厄を祓う夏祭り、今年の陸渡御・船渡御も中止となってしまいましたが、描かれた天神祭で、江戸時代の祭礼の様子をご堪能ください。

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館 9階(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ) 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
施設情報
時間:11時から16時まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:大人600円(540円)、高校生・大学生400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金。
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
休館:火曜日、年末年始(12月28日~1月4日)
問合せ先:大阪歴史博物館(TEL 06-6946-5728)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
1 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。