特別展「被爆75年 ひろしまから世界へ 復興の歩みと平和へのメッセージ」

歴史が大きく動く2人の広島訪問――

2020/08/21~2020/09/27

投稿日:

特別展「被爆75年 ひろしまから世界へ 復興の歩みと平和へのメッセージ」

75年前の8月6日、人類史上最初の核兵器である原子爆弾が広島に投下され、街は一瞬にして壊滅しました。14万人に上る多くの尊い命が失われ、20万人を超える人々が負傷し、今もなお、原爆による被害に苦しめられ続けています。

一方、世界には未だ13,000発を超える核兵器が存在しており、核兵器国と非核兵器国との間の溝は一段と深まっています。

このような状況のなか、2016(平成28)年5月27日に、バラク・オバマ大統領が現職のアメリカ大統領として史上初めて、また、昨年11月24日には、ローマ教皇が38年ぶりに広島を訪問し、平和に向けたメッセージを発信しました。

本特別展では、広島県が取り組む平和に関する研究や戦後広島の復興の歩み、オバマ大統領とローマ教皇フランシスコの平和メッセージなどをパネル展示します。

共 催:広島県、ピースおおさか

特別展「被爆75年 ひろしまから世界へ 復興の歩みと平和へのメッセージ」
現在地からルート検索
追加情報
開館時間:09:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日
入館料:大人250円、高校生150円、中学生以下は無料。65歳以上・障がいをお持ちの方も無料(要証明書)
問合せ先:ピースおおさか(大阪国際平和センター) TEL 06-6947-7208
ホームページ
http://www.peace-osaka.or.jp/
所在地
ピースおおさか1階特別展示室(大阪市中央区大阪城2-1)
交通機関
●JR環状線「森ノ宮」駅 北出口から西へ約400m。
●Osaka Metro(大阪メトロ)「森ノ宮」駅 1番出口から西へ約200m。
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。