あやしい絵展

2021/07/03~2021/08/15

投稿日:2020/11/24 更新日:

あやしい絵展

大阪歴史博物館では「あやしい絵展」が開催されます。

明治期、政治・経済・文化といったあらゆる方面において西洋から知識、技術等がもたらされる中、美術においても西洋美術の技法の本格的な導入と発展、西洋の影響を受けたさまざまな美術思潮の発生と制作における実践が矢継ぎ早に起こりました。
これにともない、従来の表現も新たな時代にふさわしいものへと変貌を遂げていきます。
このような状況下で生み出された多種多様な表現の中には、退廃的、妖艶、グロテスク、エロティックといった言葉で形容できるものがありました。
美しいという言葉だけでは決して表すことのできないこれらの表現は、美術界の一部からは批判を受けましたが、文学等をバックグラウンドとして大衆に広まっていきました。
本展では幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿図等からこうした表現を紹介します。

主催:大阪歴史博物館/毎日新聞社/MBS
出品協力:京都国立近代美術館
協賛:DNP大日本印刷

現在地からルート検索
ホームページ
https://ayashiie2021.jp/
所在地
大阪歴史博物館
(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ) 谷町線・中央線「谷町四丁目」駅
施設情報
開館時間:9時30分~17時まで(特別展会期中の金曜日は20時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:火曜休館
※ただし8月10日(火)は開館
料金:
大人 当日1,500円、前売1,300円、団体1,350円
高校生・大学生 当日1,100円、前売900円、団体990円
※団体は20名以上
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
3 人中 2 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。