未来記の番人

2021/04/03~2021/04/11

投稿日:2020/11/25 更新日:

未来記の番人

大阪松竹座では、「未来記の番人」が上演されます。
原作は「緒方洪庵・浪華の事件帳」シリーズなどで人気を博す築山桂の書き下ろし時代小説。
戸塚祥太(A.B.C-Z)が千里眼の異能を持つ主人公・千里丸を演じ、本格的な時代劇で刀を使った殺陣、およびダンスカンタービレに挑戦する。

<あらすじ>
時は寛永19年(1642)、徳川三代将軍家光公の治世。千里眼の異能を持つ千里丸は天海大僧正に仕える忍者として、ただ命じられるままに生きていた。聖徳太子が遺した「太子未来記」を手に入れよと命を受けた兄貴分の士郎左と共に動く中で、それが収められている四天王寺の執行長 道啓や、銅商人の泉屋理兵衛、そして自分と同じく異能を持つ紅羽やその兄の巽らと出会う。
未来記を巡って交錯する様々な思惑の中、大坂の町でそれぞれの持つ正義に触れ、千里丸は自分自身の存在・生き方に疑問を抱き始める。そんな千里丸が悩み、考え抜いた末、見出した己の進むべき道とは———。

未来記の番人
現在地からルート検索
追加情報
時間:
4/3, 4/4, 4/10, 4/11 11:00〜, 15:30〜
4/9 15:30〜
料金:
1等席 10,000円(税込)
2等席 6,000円(税込)
問合せ先:大阪松竹座 TEL06-6214-2211
ホームページ
https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/?theater=shochikuza
所在地
大阪松竹座
(大阪市中央区道頓堀1−9−19)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。