第65回 現代書道二十人展

このイベントは終了しました。
2021/01/13~2021/01/18

投稿日:2020/12/23 更新日:

第65回 現代書道二十人展

大阪高島屋では、「現代書道二十人展」が開催されます。

「現代書道二十人展」は日本が戦後の混乱からぬけだし、復興をとげていた昭和32年(1957年)に発足しました。各種の団体が草創され、書の裾野が広がる一方で伝統派と前衛派が論争するなど、書の価値観が大きく揺らいでいた時代の荒波の中でスタートしました。
当時、公募展に比べて画期的であったのは、書家の数を20人に絞り、一人あたり数メートルの壁面を提供する以外に制約を設けなかった点です。書家は自らの書風を独創的に発表する場となりました。そして、書の最高水準を示す展覧会のひとつとして、のちの文化勲章受章者、文化功労者を含む昭和、平成の書道界に大きな功績を残した巨匠が名前を連ねてきました。
第65回目を迎える本展では、会派を書壇を代表する20人の渾身の新作約90点を披露いたします。

現在地からルート検索
追加情報
時間:10:00〜19:30(20:00閉場)
※最終日1月18日(月)16:30まで(17:00閉場)
営業時間短縮の期間:2021年1月14日(木)から当面の間
午前10時~午後7時
※〈スターバックス コーヒー〉は午前7時~午後8時
※なんばダイニングメゾンは午前11時~午後8時(店舗により異なります)

料金:一般1,000円(800円)、大学・高校生800円(600円)、中学生以下無料
※店頭の当日販売のみ
※ 「障がい者手帳」を提示のご本人様、ならびに、ご同伴者1名様まで入場無料。
※()内は団体10名以上の割引料金
ホームページ
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/gendaishodo/index.html
所在地
大阪高島屋 7階グランドホール
(大阪市中央区難波5-1-5)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅
●阪神電車・近鉄「大阪難波」駅
●南海電車「なんば」駅
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
3 人中 2 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。