とくい能「小鍛治」

2021/02/21 14:00~

投稿日:

とくい能「小鍛治」

山本能楽堂では「とくい能」が開催されます。
主役を演じる能楽師シテ方による解説や終演後には客席からの質疑応答もでき、初心者も気軽に楽しめる能公演です。

<能 小鍛冶 あらすじ>
三条の小鍛冶宗近は剣を打って献上せよとの天皇の勅命を受けますが、相鎚をつとめる力量のある職人がいないことに困って、普段から信仰している稲荷明神へ祈願に出かけます。すると気高い童子が現れて激励の言葉をかけます。童子は剣の徳を称えた中国の故事や、日本古代のヤマトタケルノミコトが草薙剣によって助かった伝説などを語った後、宗近に心配無く準備にかかるよう言って姿を消します。
 宗近が帰宅して剣を打つ準備を整えて待っていると、稲荷明神の神体である霊狐が現れて相鎚をつとめ、仕上げた名剣「小狐丸」を天皇の使い(勅使)に捧げて稲荷山へと帰って行くのでした。

とくい能「小鍛治」
現在地からルート検索
追加情報
料金:一般 前売3,500円、当日4,000円
※未就学児の入場はご遠慮ください。
予約方法:電話またはホームページからお申し込みください。
問合せ先:山本能楽堂 06-6943-9454
ホームページ
http://www.noh-theater.com/
所在地
山本能楽堂
(大阪市中央区徳井町1-3-6)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。