特別企画展「動物絵画はお家芸 ―大坂・森派の絵描きたち―」

2021/04/03~2021/05/17

投稿日:2021/02/16 更新日:

特別企画展「動物絵画はお家芸 ―大坂・森派の絵描きたち―」

大阪歴史博物館では、特別企画展「動物絵画はお家芸 ―大坂・森派の絵描きたち―」が開催されます。
江戸時代の大坂で名高い絵師のひとりに、森狙仙そせん(1747?~1821)がいます。彼は「猿描き狙仙」ともいわれ、「もふもふ感」あふれるリアルな動物画を得意としました。狙仙には二人の兄、陽信ようしん(1736?~1808?)と周峰しゅうほう(1738~1823)がおり、当時は著名な絵師でした。その二人の兄は狩野派の描法を受け継ぎながらも、時には見る者に笑みをもたらす愉快な作品も残しています。
本展では、狙仙の次世代以降の画家、森徹山てつざんや一鳳いっぽうらの作品も取り上げ、動物絵画を多く描いた森派とも呼ばれる一派の画業を振り返ります。
あわせて奇想の画家伊藤若冲と交流のあった大坂の松本奉時が描く蝦蟇がま図、戯画を得意とした耳鳥斎にちょうさい、虎を得意とした岸きし派の虎図、鷹図を描いた戦国大名土岐氏の末裔土岐頼高の鷹図など一芸に秀でた人々の絵画を紹介します。

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
所在地
大阪歴史博物館6階 特別展示室(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
施設情報
開館時間:9時30分~17時まで(会期中の金曜日は20時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:火曜休館 ※ ただし、5月4日(火・祝)は開館、5月6日(木)は休館
入場料:
大人 600円(540円)
高校生・大学生 400円(360円)
※( )内は20名以上の団体割引料金。
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
問合せ先:TEL06-6946-5728
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。