令和3年秋季展「炎が生み出す茶陶の美 - 焼締め陶の窯変となだれ・ちぢれを中心に -」

2021/09/01~2021/12/12

投稿日:

令和3年秋季展「炎が生み出す茶陶の美 - 焼締め陶の窯変となだれ・ちぢれを中心に -」

湯木美術館では、令和3年秋季展「炎が生み出す茶陶の美 – 焼締め陶の窯変となだれ・ちぢれを中心に -」が開催されています。
本展では、土の味わいと景色に注目し、炎がもたらした偶発的な魅力のある焼締め陶を取り上げます。このほか、釉薬のなだれやちぢれが特徴的な施釉陶器もあわせて展示されます。

※当ページの情報は掲載時点での情報です。コロナ感染症の状況等により中止・変更になる場合がありますので、主催者発表の最新情報を必ずご確認お願いします。
現在地からルート検索
ホームページ
http://www.yuki-museum.or.jp/
所在地
湯木美術館(大阪市中央区平野町3-3-9)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
施設情報
開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、9月20日は開館)、10月19日(火)
料金:入館料 一般700円 大学生400円 高校生300円
問合せ先:湯木美術館 TEL.06-6203-0188
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。