令和4年度 大阪府立中之島図書館 特別展 「 近世大坂のくらし ―絵で発見!なにわのまち・ひと― 」

2023/01/16~2023/02/25

投稿日:

令和4年度 大阪府立中之島図書館 特別展 「 近世大坂のくらし ―絵で発見!なにわのまち・ひと― 」

中之島図書館では、特別展 「 近世大坂のくらし ―絵で発見!なにわのまち・ひと― 」が開催されています。
慶長8(1603)年に徳川家康が征夷大将軍となり江戸に幕府を開いてから、令和5(2023)年で420年が経ちます。
江戸時代は出版文化が盛んになり、名所図会や絵入りの本などが数多く出版されました。
江戸時代の大坂の人々はどのような暮らしをしていたのでしょうか。
本展では年中行事や食や仕事など、当時の町並みや暮らしていた人々の生活が描かれた資料をご紹介します。

※当ページの情報は掲載時点での情報です。コロナ感染症の状況等により中止・変更になる場合がありますので、主催者発表の最新情報を必ずご確認お願いします。
現在地からルート検索
ホームページ
https://www.nakanoshima-library.jp/event/event-959/
所在地
大阪府立中之島図書館 本館3階 展示室
(大阪市北区中之島1-2-10)
交通機関
●OsakaMetro(大阪メトロ)御堂筋線「淀屋橋」駅
●京阪本線「淀屋橋」駅、中之島線「なにわ橋」駅・「大江橋」駅
施設情報
時間:10:00~17:00
※ただし、休館日のうち1月29日、2月5日、11日、12日は11時から17時まで展示室を開室します。
休館日:日曜日・祝日
料金:入場無料
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。