第85回企画展「大阪の役者絵 中判へのいざない」

2023/02/28~2023/05/28

投稿日:

第85回企画展「大阪の役者絵 中判へのいざない」

上方浮世絵館では、江戸時代の大阪で出版されていた浮世絵を展示しています。大阪の浮世絵は、道頓堀で上演される芝居を描いた役者絵が多く、当時の歌舞伎舞台を今に見ることができます。

大阪の役者絵は、江戸時代の後半である19世紀がおもな制作時期です。文化文政期(1804−30)から天保期(1830−44)にかけて、大判という判型を主流として隆盛しますが、天保の改革によって途絶えます。その後、弘化期(1844−48)以降再登場する際には中判という判型が主流となりました。

そこで今回の展示では、この大阪の役者絵に特徴的な大きさである中判という判型に注目します。それまでの主流であった大判にくらべ、中判は約半分の大きさとなりますが、異なる魅力が発揮されます。また、広貞や芳瀧ら大阪の浮世絵師は、その画面を最大限に活かしました。大阪独特の中判の世界をどうぞお楽しみください。

※当ページの情報は掲載時点での情報です。コロナ感染症の状況等により中止・変更になる場合がありますので、主催者発表の最新情報を必ずご確認お願いします。
現在地からルート検索
ホームページ
http://kamigata.jp/
所在地
上方浮世絵館(大阪市中央区難波1-6-4)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線「なんば駅」
施設情報
開館時間:11:00~18:00(入館は17:30)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)
入館料:一般 500円、小・中学生 300円
※6歳以下の未就学児は無料
※障害者手帳等をお持ちの方 ※付き添いの方1名様も同額
一般 300円、小・中学生 200円
問合せ先:上方浮世絵館 TEL 06-6211-0303
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。