「なにわの日」講演会

2024/07/28 14:00~16:00

投稿日:

「なにわの日」講演会

大阪歴史博物館では、「なにわの日」講演会が開催されます。

難波宮の発見と保存運動に尽力された山根徳太郎博士の命日によせ、古代難波をテーマとする講演会を開催しています。本年は、特別展のテーマである飛鳥時代の前期難波宮にスポットを当てます。
 今年は難波宮発掘が始まって70周年の記念すべき年。難波宮に関心のある方も、初めて知ったという方も、多くのご参加をお待ちしています。

<講師>
1. テーマ「前期難波宮の源流をさぐる」
  講師:積山 洋(大阪市文化財協会 学芸員)
2. テーマ「大化改新と天皇」
  講師:磐下 徹氏(大阪公立大学大学院文学研究科 准教授)

現在地からルート検索
募集情報
料金:1,000円(特別展への入場には別途観覧券が必要です)
定員:250名(要事前申込)
申込方法:ホームページからお申し込みください。
締切:7月27日(土)午後11:59まで
※先着順のため定員に達し次第、受付を終了します。
ホームページ
https://www.osakamushis.jp/
所在地
大阪歴史博物館 4階 講堂(大阪市中央区大手前4-1-32)
交通機関
Osaka Metro(大阪メトロ)谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
施設情報
時間:9:30〜17:00
※ただし、入館は閉館の30分前まで
料金:
●特別展観覧券
大人 1,100(990)円
高校生730(660)円
●特別展・常設展共通券
大人 1590(1,530)円
高校生 1,060(1,020)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
休館:火曜日
※ただし、8月13日(火)は開館
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
こんなイベントもあります!
特別展「難波宮発掘開始70周年記念 大化改新の地、難波宮 ―古代日本のターニングポイント―」
期間:2024/07/05~2024/08/26
場所:大阪歴史博物館 6階特別展示室(大阪市中央区大手前4-1-32)