大阪周遊パス2017

投稿日:2018/03/14 更新日:

大阪周遊パス2017

大阪周遊パスとは、観光スポット約35ヶ所の無料観光施設入場用バーコード付カード乗車券(1日または2日間乗り放題)と「TOKU×2」クーポン付ガイドブックがセットになった、お得がいっぱいつまった観光乗車券です。

【発売期間】2017年4月1日~2018年3月31日
【有効期間】2017年4月1日~2018年4月30日までのお好きな1日(2日券は連続する2日間)


<大阪エリア版 1日券 2,500円>

大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線および、主に大阪市域の阪急・阪神・京阪・近鉄・南海で乗り降り自由です。

<大阪エリア版 2日券 3,300円>
連続する2日間で利用可能。
大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線が、 2日間自由に乗り降りできます。

<拡大版・関空版 1日券>
大阪エリア版のほか、阪急電車・阪神電車・南海電鉄が指定するエリアからの利用が可能。
神戸や関西空港など、大阪市周辺からの利用に便利です。
●阪急拡大版 2,900円
【乗車エリア】
大阪エリア+阪急電鉄の神戸線(神戸高速線を除く)、宝塚線および京都線の梅田~水無瀬間と千里線
【発売場所】
梅田、十三、塚口、西宮北口、夙川、神戸三宮、豊中、石橋、川西能勢口、宝塚、淡路、茨木市、高槻市、北千里の各ごあんないカウンターおよび阪急ツーリストセンター大阪・梅田

●阪神拡大版 2,900円
【乗車エリア】
大阪エリア+阪神電車の全線(神戸高速線を除く)
【発売場所】
阪神電車:出屋敷以西の各駅(神戸高速線・係員不在時を除く)および梅田・尼崎の駅長室、阪神電車サービスセンター(神戸三宮)

●南海拡大版 3,200円
【乗車エリア】
大阪エリア+南海電鉄の堺~孝子、中百舌鳥~天見、汐見橋~岸里玉出、高師浜線、空港線、多奈川線
【発売場所】
南海電鉄:南海関西空港駅

※大阪周遊パスの購入について
大阪に到着してからはもちろんですが、全国各地の主な旅行会社店頭でもお買い求めいただけます。
旅行会社でお買い求めの場合は、カード乗車券やガイドブックなど現物をお渡しするのではなく、バウチャー(引換券)が発行されますので、大阪観光案内所・難波観光案内所または、大阪市営地下鉄梅田駅・難波駅・天王寺駅の定期券売場で現物と引き換える必要があります。

※大阪周遊パスの利用について
大阪周遊パスのご利用には、カード乗車券とガイドブック、「TOKU×2」クーポンをお使い下さい。
このパスは電車・バスまたは無料入場施設どちらかを初めて利用された時から、その日一日(2日券はその翌日まで)利用できます。

大阪市交通局エンジョイエコカード
大阪市営地下鉄・ニュートラム・バス全線が1日乗り放題で、さらに、大阪市内の観光スポットの入場料割引等の特典付きで、大人800円(土日祝600円)、小児はいつでも300円でご利用いただけます。
詳しくはこちらをご覧下さい。
※「エンジョイエコカード」(通用日が施設利用当日の日付のもの)を提示するだけで、大阪市内の約30ヵ所の観光スポットで、入場料などが割引となる提示割引特典が付いています。

ホームページ
https://www.osp.osaka-info.jp/
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。