大阪市立東洋陶磁美術館 特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」

2018/04/07~2018/07/16

投稿日:2018/01/12 更新日:

大阪市立東洋陶磁美術館 特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」

大阪市立東洋陶磁美術館では、平成30年4月7日(土曜日)から7月16日(月曜日・祝日)まで、特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」を開催します。
本展では、セーヴル陶磁都市が所蔵する約150件の作品の展示により、セーヴル磁器の魅力をご紹介します。
今回の展示では、フランス宮廷に育まれ、時代とともに変化し続けてきたセーヴル磁器製作所の300年に及ぶ活動をご紹介いたします。セーヴル製作所は、ヨーロッパで磁器への憧れが大いに高まった18世紀、1740年にパリ東端のヴァンセンヌに生まれた軟質磁器工房をその活動の始まりとします。強大な権力を誇る国王ルイ15世の庇護を受けて、パリとヴェルサイユの間に位置するセーヴルへと移転した製作所は、王立の磁器製作所となり硬質磁器の開発に成功します。宮廷に愛された画家や彫刻家が招かれて知的で洗練された作品を製作し、ルイ16世とその王妃マリー・アントワネットらに納められたほか、外交上の贈り物としても用いられ、ロシア皇帝エカテリーナ2世をはじめとした王侯貴族を魅了しました。フランス革命の後は、国立の製作所として新古典主義の作品を生み出し、19世紀半ばからの万国博覧会の時代にはテーブル・ウェアという範疇にとどまらない作品を製作しました。日本との交流では、20世紀初頭に外国人作家として初めて、沼田一雅が型の製作に携わりました。こうした芸術家とのコラボレーションは、ピエール・スーラージュや草間彌生など、現代も伝統的なテーブル・ウェアの製作とともに精力的に行われています。
今回、製作所の300年の歴史を物語る、セーヴル陶磁都市の所蔵作品約150件をご紹介します。変化しながらも常に優雅で洗練された作品を製作し続けてきた、セーヴル磁器の魅力を感じていただければ幸いです。

<展示点数>
約150件

<同時開催>
平常展:安宅コレクション中国陶磁、安宅コレクション・李秉昌コレクション韓国陶磁、沖正一郎コレクション鼻煙壺

現在地からルート検索
ホームページ
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000421955.html
所在地
大阪市立東洋陶磁美術館(大阪市北区中之島1-1-26)
交通機関
●Osaka Metro(大阪メトロ)
 御堂筋線「淀屋橋」駅
 堺筋線「北浜」駅
●京阪電車
 中之島線「なにわ橋」駅
 本線「淀屋橋」駅、「北浜」駅
施設情報
開館時間:午前9時30分から午後5時まで ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(4月30日、7月16日は開館)
観覧料:
一般1,200円(20名以上の団体料金は1,000円)
高校生・大学生700円(20名以上の団体料金は600円)
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料
問合せ先:大阪市立東洋陶磁美術館(TEL06-6223-0055)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
こんなイベントもあります!
大阪市立東洋陶磁美術館 平常展「安宅コレクション中国陶磁など」
期間:2018/04/07~2018/07/16
場所:大阪市立東洋陶磁美術館 展示室G、H、I(大阪市北区中之島1-1-26)
ゆめまるくん
特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」担当学芸員によるレクチャー
期間:2018/04/28,2018/05/19,2018/06/09,2018/06/24,2018/07/14
場所:大阪市立東洋陶磁美術館 地下講堂(大阪市北区中之島1-1-26)