屏風絵展~大画面と立体感の魅力

このイベントは終了しました。
2012/04/02~2012/05/15,2012/05/17~2012/06/26

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2012/05/11 更新日:

屏風絵展~大画面と立体感の魅力

「屏風絵」展 ~大画面と立体感の魅力~
会期:平成24年4月2日(月)→6月26日(火)
〔前期〕4月 2日(月)~5月15日(火)
〔後期〕5月17日(木)~6月26日(火)
〔前期〕〔後期〕で作品を入れ替え(一部作品は継続)

屏風の特徴は画面が大きいことと、折って立てることで立体感が生まれ、また、見る位置により見え方が違うことです。
今回の企画展では当館所蔵作品のうち、日本画、美術染織品、下絵などから屏風絵の代表作を一堂に展示しています。その特徴である大画面と立体感の大迫力をお楽しみください。

主な出品作品
〔前・後期〕神坂雪佳《光琳風草花》都路華香《水辺雨鷺》
〔前期〕岸竹堂《龍》冨田渓仙《風神雷神》山元春挙《富岳の図》吉田善彦《櫻》
〔後期〕川端龍子《潮騒》島成園《お客様》西村五雲《崖の虎》松村景文《鹿》

屏風絵展
屏風絵展屏風絵展
現在地からルート検索
所在地
大阪市浪速区日本橋3-5-25 髙島屋東別館3階
交通機関
南海電鉄・地下鉄御堂筋線「なんば駅」より徒歩約10分
近鉄奈良線・地下鉄堺筋線「日本橋駅」より徒歩約8分
施設情報
開催時間: 午前10時~午後5時(入場午後4時30分まで)
休館日: 毎週 水曜日・日曜日
入場料:無料
お問い合わせ先: 直通TEL 06-6632-9102
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。