高麗橋ビルディング(旧大中証券)(レトロビルコース)

次の言語でも読めます: English

投稿日:2016/11/10 更新日:

高麗橋ビルディング(旧大中証券)(レトロビルコース)

 日本の近代建築の父・辰野金吾の設計で、明治45年(一九一二)に竣工。赤レンガの外壁に、白い石によってボーダーラインを描いたデザインに特徴があります。建物のコーナーは曲線的で、交差点の角に玄関を置いているのが特徴です。内部はレストランとして再生されています。

高麗橋ビルディング
現在地からルート検索
ルートの確認はこちらから
高麗橋ビルディング
レトロビルコース

大阪ガスビル→愛珠幼稚園→高麗橋ビルディング→高麗橋野村ビルディング→生駒ビルヂング→綿業会館→旧川崎貯蓄銀行大阪支店→大阪企業家ミュージアム→北御堂(津村別院)→南御堂(難波別院)→御堂筋・彫刻スト …

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。