綿業会館(レトロビルコース)

次の言語でも読めます: English

投稿日:2016/11/10 更新日:

綿業会館(レトロビルコース)

 東洋紡の岡恒夫の遺言と寄付金をもとに、綿業関係者のクラブとしてつくられました。戦前の大阪を代表する建築家・渡辺節の最高傑作で、昭和6年(一九三一)竣工。外観は重厚で、鉄による細かい装飾が正面玄関の扉や外部階段の手すりに施されています。各部屋は異なるデザイン様式となっています(重要文化財)。

錦業会館
錦業会館
現在地からルート検索
ルートの確認はこちらから
高麗橋ビルディング
レトロビルコース

大阪ガスビル→愛珠幼稚園→高麗橋ビルディング→高麗橋野村ビルディング→生駒ビルヂング→綿業会館→旧川崎貯蓄銀行大阪支店→大阪企業家ミュージアム→北御堂(津村別院)→南御堂(難波別院)→御堂筋・彫刻スト …

この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。