帝国座跡

ていこくざあと

次の言語でも読めます: English

投稿日:2017/04/18 更新日:

帝国座跡

●大阪初の純洋式劇場
 オッペケペー節で知られた川上音二郎(かわかみおとじろう)が、新しい演劇の拠点として明治43年(一九一〇)に建築したのが帝国座。大阪初の純洋式劇場で、花道やオーケストラ・ボックスも備わっていた。1000人を収容でき、『オセロ』『ベニスの商人』などを上演。帝国座の運営は完成当初から行き詰まり、やがて立ち行かなくなる。
 その後、建物は進駐軍のチャペルとして使われた。昭和40年(一九六五)頃まで北浜教会として使われていたが、今はその場所に碑のみが残る。

●はちゃめちゃ人生川上音二郎
 藩の御用商人であった音二郎の父は、遊芸が好きで家庭を顧みなかったという。母は学問好きで「父のようにならず、太閤秀吉のように立身出世をしなさい」と言い残して死んでしまう。音二郎14歳の時だった。その後、音二郎は船の積荷の陰に隠れて、東京へ行き着く。福沢諭吉(ふくざわゆきち)に見いだされ、慶応義塾の書生になったり、巡査、新聞記者、寄席芸人などさまざまな職業を転々とする。やがてオッペケペーで有名になり、演劇界の風雲児となる。

●演劇界に近代の風
 音二郎は、自ら舞台に立って演劇界を刺激し続けた。「女優養成所」を設立するなど、革新的なシステムを確立。数々の批判を受けながらも、その演劇魂は民衆に大反響を呼んだ。
 しかし、帝国座開場の翌年、旅先の舞台で発病。妻で女優の貞奴(さだやっこ)は、音二郎を病院から帝国座に運び込み、楽屋で臨終を迎えさせた。享年47歳。葬儀では、別れを惜しむ大阪市民が街を埋め尽くしたという。

★もっと深く知ろう!
【もっと知りたい川上音二郎】
 音二郎は元治元年(1864)、福岡・博多生まれ、明治44年(1911)没。音二郎の舞台を観てファンになった、妻・貞奴は、日本初の女優といわれている。

◀明治を駆け抜けた演劇人

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区北浜4-4 住友信託銀行南館前
交通機関
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」
    四つ橋線「肥後橋駅」
●京阪電鉄「淀屋橋駅」
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
大阪ガスビルディング

●御堂筋とともに誕生したガスビル  巨大な客船を思わせる白亜のビルが御堂筋に面して建つ。設計者は安井武雄(やすいたけお)、昭和8年(1933)に竣工。地上8階建て、地下2階。外壁は1・2階を石材で黒く …

梅川・忠兵衛 ゆかりの淡路町

大当たり浄瑠璃は実話だった近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)の傑作の一つ、『冥途(めいど)の飛脚』は、実話を題材に書かれたもの。 遊女梅川に入れあげる忠兵衛が養子に入ったのが、この淡路町にあった飛脚 …

みどりのリズム/清水多嘉示
御堂筋彫刻ストリート / みどりのリズム:E-1

 手を組んでダンスをする2人の少女の一瞬のポーズを捉えている。往々にしてダイナミックになりすぎそうな題材を、清水多嘉示は、感情を抑え、厳格な構成による構築的手法で、軽快なリズムに満ちた彫刻に仕上げてみ …

大空に/桑原巨守
御堂筋彫刻ストリート / 大空に:W-6

 流れるような体の動きが美しく、見る者の視線は、自然に空へと向けられる。高く上げた少女の手には、今にも飛び立ちそうな鳩がいて、その手の先に希望が見えるようである。 寄付者:武田薬品工業株式会社

姉妹/中村晋也
御堂筋彫刻ストリート / 姉妹:E-4

 中村晋也は、このような古典的様式の女性像を得意とする作家である。すぐ後ろにいる妹に優しい視線を投げかける姉と、姉に頼るように身を寄せる妹。身体の バランスも肉付きも酷似した2人の裸婦が寄り添い、親密 …