玉造稲荷神社

たまつくりいなりじんじゃ

次の言語でも読めます: English, 한국어, 简体中文, 繁體中文

投稿日:2012/04/23 更新日:

玉造稲荷神社

●衣食住の女神がご祭神
 社伝によれば垂仁(すいにん)天皇18年の秋にお祀りしたのが始まり。当時は比売社(ひめのやしろ)と称していた。聖徳太子(しょうとくたいし)がこの地に布陣し、戦勝を祈願したといういい伝えがある。戦国時代に荒れはてたが、慶長8年(一六〇三)に豊臣秀頼(とよとみひでより)により社殿が再建された。現存する鳥居は当時のものである。その後何度も焼失し、昭和29年(一九五四)氏子らにより現社殿が建立された。

●千利休(せんのりきゅう)も愛用した名水
 豊臣時代の茶人・千利休は玉造・祢宜町(ねぎまち)に屋敷を構えた。神社の南西である。この一帯は玉造清水と呼ばれる良質の水が得られ、利休が茶の湯に愛用した。清水谷の地名は今も天王寺区に残っている。当神社でも利休が生駒山を眺め茶会を催したと伝わり、利休ゆかりの地・玉造として、昭和52年(一九七七)に大阪青年会議所の音頭で「千利休居士顕彰碑」が建立された。

●玉造の地名発祥
 『日本書紀』では、当地は難波玉作部(なにわたまつくりべ)とある。玉作部は三種の神器である、玉を造る技術集団のことである。彼らが住みついたことから、玉造という地名が生まれた。ヒスイを加工した勾玉(まがたま)の輝きは、今も色あせない。この神社内に難波・玉造資料館(要予約・志納)があり、当時のままのものを目にすることができる。勾玉は曲玉とも記し、日本列島と朝鮮半島だけの固有文化である。

★もっと深く知ろう!
【団体旅行のルーツがここにあった】
 江戸時代から始まったといわれている浪花講は、現在の旅行社のようなもの。玉造の町人が講元となって運営していた。稲荷神社で旅の安全を祈願して出発する。伊勢神宮まで170キロ3泊5日、全行程徒歩の旅。今も続く団体旅行である。

◀お伊勢参りの出発点
 ここから始まる

現在地からルート検索
ホームページ
https://www.inari.or.jp/
所在地
〒540-0004 大阪市中央区玉造2-3-8
交通機関
JR大阪環状線・地下鉄鶴見緑地線「森ノ宮駅」・「玉造駅」より徒歩5分
施設情報
●利用時間 お参り時間は日の出から日没まで
●無休
●拝観無料
●設備 駐車場(10台程度)
●問い合わせ先 06-6941-3821 FAX:06-6947-7419
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
7 人中 7 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
克忠の碑

●戦前の軍都・大阪の足跡  大正11年(一九二二)5月25日に建立。終戦後撤去され放置されていたが、戦友会が建て直す。「克忠」の文字は、当時の第四師団長鈴木荘六(すずきそうろく)中将の揮毫。  近くに …

大阪社会運動顕彰塔

●労働・社会運動のメッカに建つ塔  昭和35年(一九六〇)、大阪統一地方メーデーの際、顕彰塔を大阪にもつくろうという声があがり、行政や財界、有識者、労働組合などからの拠金で、毎年メーデーが開催される大 …

天満橋
天満橋

●町役人が行き交った橋は今、2階建て  江戸時代、難波橋・天神橋と並ぶ浪花の三大橋の一つで、幕府の直轄管理である公儀橋の一つでもあった。北区天満と中央区天満橋京町を南北に結んでおり、今も昔も人々の生活 …

大坂町中時報鐘

●今も現役の釣鐘  天満橋近くに釣鐘屋敷があった。釣鐘は重さ3トン、高さ1・9m。寛永11年(一六三四)、江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)が大坂城を訪れた際に、大坂三郷の地子銀(じしぎん …

青銅製大砲(お城のドン)

 大阪城小天守台にある幕末の青銅製大砲である。文久3年(1863)に美作津山藩の鋳工百済清次郎が幕府の命により製作し、天保山砲台の備砲であったと伝えられる。明治になって大阪城へ運ばれ、陸軍により明治3 …