難波宮跡

なにわのみやあと

次の言語でも読めます: English

投稿日:

難波宮跡

●日本のシュリーマンが見つけた都
 難波宮の存在が確認されたのは、昭和29年(一九五四)に始まった発掘調査によってである。ここに難波宮があることを確信した山根徳太郎(やまねとくたろう)・元大阪市立大学教授は、所在が疑問視されていた学会の風潮の中、発掘に取りかかった。
 そしてついに昭和36年(一九六一)に、難波宮の中心部である大極殿を発見する。それはまるでドイツ人のシュリーマンが、ギリシア神話の伝説の都トロイを見つけたのに似ている。共通するのは、古代の都を見つけ出した情熱である。

●前期と後期、それぞれの難波宮
 発見されたのは、前期と後期2種類の難波宮。前期は正式には難波長柄豊碕宮(なにわのながらとよさきのみや)といい、大化の改新後に孝徳(こうとく)天皇が移り住んだ都だった。天皇(大王)の居所である内裏と重要な政務・儀式をとり行う朝堂院、および東西に配された官衙(かんが・役所)からなる。すべて掘立柱の形式で建てられ、瓦は一切使われていない。
 後期の難波宮も、前期と同じく内裏と朝堂院を中心とする。大極殿と朝堂は凝灰岩で覆われた基壇の上に礎石を置いて建てられ、瓦が葺かれた。この宮殿は奈良時代に聖武(しょうむ)天皇の遷都によって、一時期に首都となった。
 さらには、前期難波宮以前の遺跡も発見され、瀬戸内海に面したこの地が古代から重要な場所だったことがわかっている。

●公園に吹きわたる時代の風
 難波宮跡の公園には当時の遺構が復元されているが、何といっても壮大な大極殿の台が目立っている。大極殿は後期難波宮の中心の建物。丹塗(にぬり)の柱と白壁で飾り、内部には政治や儀式のときに天皇が出御する、高御座(たかみくら)が設置されていた。
 ところでこの難波宮、今ではもう調査されていないのだろうか。「いえ、毎年少しずつ発掘を行っています。まだまだ難波宮には不明なことも多い。いつかは全貌を解明したいものです」(大阪市文化財協会難波宮事務所談)

★もっと深く知ろう!
【難波宮は2つある】
赤いレンガの所は前期難波宮 の復元箇所。灰色の所は後期 の復元。前期と後期の時代差 はおよそ80年。古代の歴史を 感じながら歩いてみよう。

▲前期と後期がきれいに色分けされている

現在地からルート検索
所在地
大阪市中央区法円坂1-6
交通機関
● 地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」
     中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」
● JR環状線「森ノ宮駅」
施設情報
問合せ先:06-6943-6836 (難波宮跡調査事務所)
この記事は役に立ちましたか?
役に立った 役に立たなかった
0 人中 0 人がこの 記事 は役に立ったと言っています。
同じエリアにこんなスポットがあります!
サクラアートミュージアム
サクラアートミュージアム

●大阪のまちにアートを発信 「サクラアートミュージアム」は企業美術館として、平成3年(一九九一)に本社ビル内に開設され、会社の歴史や描画材に関する資料が豊富に集められている。クレパス画約300点、油絵 …

御臨幸の跡

●軍事大国にひた走った時代を忘れない  昭和7年(一九三二)、大阪周辺での陸軍大演習に昭和天皇が御臨幸になった記念の碑。隣に歩兵第八連隊跡碑がある。兵営は当初、現在の大阪医療センターの地にあったが、明 …

鵲森宮

●若き日の聖徳太子による創建 「鵲森宮」は、通称、森之宮神社とも呼ばれ、聖徳太子(しょうとくたいし)が建立した。 その創建は、四天王寺や法隆寺よりも古いとされている。崇峻(すしゅん)天皇2年(五八九) …

生國魂神社お旅所

●「いくたまさん」発祥の地 正式名称は、生國魂神社元宮(もとみや)。 お旅所とは、一般に神様が神社から外へ出かけられるときの休憩所、仮にとどまる場所をいう。 神武(じんむ)天皇は日本統一のため九州を船 …

大阪城
大阪城

●13の重要文化財 豊臣秀吉(とよとみひでよし)がつくった大坂城は、豊臣家の滅亡とともに失われ、現在残っているのは徳川時代になって再建されたものである。敷地内の建築物は櫓5つ、塀3つ、城門2つ、蔵2つ …