『淀屋』と『淀屋橋』の歴史に触れる
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん

御堂筋にかかる「淀屋橋」は、「淀屋」が架けたといわれることからその名がついています。「淀屋」は江戸前期に活躍した豪商です。材木商や中之島の開発で財を成し、現在の淀屋橋の南側に広大な屋敷をつくりました。淀屋2代目言當(げんどう)の興した米市場がのちの堂島米市場となるなど、淀屋は商都大阪の発展の基礎を築きました。堂島米市場は、日本の取引所の起源とされ、世界における組織的な先物取引所の先駆けとなりました。なお、堂島米市場で形成された米価は、日本各地の米相場の基準になりました。
淀屋橋は明治に入り大洪水によって流失し架け替え、さらに市電堺筋線の建設に伴い、明治44(1911)年に再度架け替えられました。現在の橋は昭和10(1935)年に御堂筋の建設に伴い架けられたコンクリート・アーチ橋で、平成20(2008)年に国の重要文化財に指定されています。

淀屋橋の南詰西側には「淀屋の屋敷跡」の碑があります。その並びに「淀屋の碑」があり、淀屋の歴史、歴代当主や当時の繁栄の様子などが記されています。

冬に向かう淀屋橋を中之島側から撮影。
〈昭和52(1976)年〉

市バスや、淀屋橋筋を渡ろうとする市電が見られます。
〈大正15(1926)年頃〉

大正15(1926)年以前の御堂筋建設工事前の「淀屋橋筋」は、道幅6m、北の淡路町から南の長堀まで1.3kmの狭く短い道でした。

(上)奥に見えるのは日本銀行大阪支店、荷車や馬車か牛車が渡る姿がみられます。
(下)明治18(1885)年の大洪水で流失した橋です。

淀屋が屋敷の庭先で始めた米市がやがて堂島米市場へと発展しました。

大阪の礎を築いた豪商『淀屋』と『淀屋橋』

商都大阪の代名詞「船場」は、元禄13(1700)年頃、「日本の富の七分(割)は大坂にあり、大坂の富の八分(割)は今橋にあり」といわれるほどの繁栄を誇りました。
江戸時代、大坂城下には、全国の藩主の屋敷と蔵があり、全国の物産が一度にに大坂に集まり、取り引きされていました。物産は、俵につめられていたので「俵物」と呼ばれ、その買い入れは、長崎と大坂の特定の商人に限られていました。

中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
A0S02 – 大阪の礎を築いた豪商『淀屋』と『淀屋橋』

A0S01 – 船場のあらまし

大阪の経済の中心『船場』 大坂城築城のために、その働き手が住んだといわれる「船場」。大坂冬の陣のあと、江戸期に入ると、徳川家は大坂城再建と大坂再興に向けて、 …

経済の要 北浜・淀屋橋

A0S03 – 経済の要 北浜・淀屋橋

大大阪時代の経済の中心地『北浜』・『淀屋橋』 江戸時代初期から米市場や金相場会所があり、両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えていました。明治 …

商いのまち船場

A0S05 – 商いのまち船場

卸問屋街と船場センタービル 船場センタービルのある船場エリアは、古くから繊維、雑貨、小間物などの問屋街として発展した地域です。第二次世界大戦後は、御堂筋、四 …

人を育てるまち船場

A0S06 – 人を育てるまち船場

さまざまな分野で活躍する人材を輩出しました 「適塾」は、緒方洪庵が江戸末期の天保9(1837)年に創設した蘭学塾で、福沢諭吉ら明治時代に活躍する名士を育て、 …

伝統芸能・文化の足跡

A0S07 – 伝統芸能・文化の足跡

伝統芸能・文化を育み、歴史を受け継ぐ船場の地 大坂城が築城されたころ、寺社仏閣が多数移転されました。「太閤さん」で有名な豊臣秀吉が大坂城周辺のまちを強固なも …

船場と御堂筋

A0S08 – 船場と御堂筋

まちの成長をけん引するメインストリート 16世紀末、大坂城築城とほぼ同時期に御堂筋周辺の開発が始まり、東西の「通り」と、南北の「筋」による市街地が形成されま …

船場のいま・これから

A0S10 – 船場のいま・これから

未来に向けて、伝統・文化を受け継ぎ、つなぐ。 水運を活かした城下町から商都、そして近代的な都市へと変わってきた船場ですが、近年では都心居住地域としても人気と …