さまざまな分野で活躍する人材を輩出しました
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん

「適塾」は、緒方洪庵が江戸末期の天保9(1837)年に創設した蘭学塾で、福沢諭吉ら明治時代に活躍する名士を育て、いまも中央区北浜に筑後200年以上の姿をとどめています(重要文化財)。
大坂の豪商たち(五同志)が設立した「懐徳堂」、民衆に幹事を教えた「泊園書院」など、これらは世の中をよくしたいという強い意志を持った民間人らによってできた教育機関で、その意思は、のちに設立された大学などにも受け継がれています。この他にも船場周辺には多くの私塾・学問所、教育施設がつくられ、商業や医療、文化など様々な分野で活躍する人材を日本や世界に送り出してきました。

塾生大部屋

明治13(1880)年、町民の声で設立が決定。現存する府下最古の幼稚園。明治34(1901)年に作られた日本最古の園舎は、国の重要文化財。

嘉永2(1849)年、緒方洪庵が多くの医師とともに設立、天然痘(疱瘡)予防の普及活動の拠点となったのが除痘館です。

塩野義製薬本社の敷地にある碑です。道修町の薬業者らが中心に薬学の教育機関を設立し、この大阪薬科大学や大阪大学薬学部の礎を築きました。

地元の豪商升屋が自らの居宅を寄贈して明治5(1872)年に開校したものです。児童減少に伴い、平成元(1989)年に閉校しました。

大正5(1916)年完成の校舎。前身となる相愛女学校は北御堂(本願寺津村別院)の境内に設置されました。

緒方洪庵(1810~1863)は大坂で最初の種痘を実施するなど医学者としても活躍しました。

人を育てるまち船場

適塾生の衣食住ー勉強そして勉強!
適塾の入塾者は、全国から集まってきました。福沢諭吉は、著書『福翁自伝』の中で、天満橋で安い魚を買い求め、机をまな板にしてさばいた、とあります。朝から晩まで机に向かい、眠るときでさえ机の上だったといいます。
時代が大きく動いた幕末、「開国か、攘夷か」騒然とするさなか、純粋に勉強一筋という姿勢を貫いたのは、洪庵の教育方針でした。

中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
中央区 マスコットキャラクター ゆめまるくん
A0S06 – 人を育てるまち船場

A0S01 – 船場のあらまし

大阪の経済の中心『船場』 大坂城築城のために、その働き手が住んだといわれる「船場」。大坂冬の陣のあと、江戸期に入ると、徳川家は大坂城再建と大坂再興に向けて、 …

経済の要 北浜・淀屋橋

A0S03 – 経済の要 北浜・淀屋橋

大大阪時代の経済の中心地『北浜』・『淀屋橋』 江戸時代初期から米市場や金相場会所があり、両替商、米問屋、米仲買が集まる金融の中心地として栄えていました。明治 …

商いのまち船場

A0S05 – 商いのまち船場

卸問屋街と船場センタービル 船場センタービルのある船場エリアは、古くから繊維、雑貨、小間物などの問屋街として発展した地域です。第二次世界大戦後は、御堂筋、四 …

人を育てるまち船場

A0S06 – 人を育てるまち船場

さまざまな分野で活躍する人材を輩出しました 「適塾」は、緒方洪庵が江戸末期の天保9(1837)年に創設した蘭学塾で、福沢諭吉ら明治時代に活躍する名士を育て、 …

伝統芸能・文化の足跡

A0S07 – 伝統芸能・文化の足跡

伝統芸能・文化を育み、歴史を受け継ぐ船場の地 大坂城が築城されたころ、寺社仏閣が多数移転されました。「太閤さん」で有名な豊臣秀吉が大坂城周辺のまちを強固なも …

船場と御堂筋

A0S08 – 船場と御堂筋

まちの成長をけん引するメインストリート 16世紀末、大坂城築城とほぼ同時期に御堂筋周辺の開発が始まり、東西の「通り」と、南北の「筋」による市街地が形成されま …

船場のいま・これから

A0S10 – 船場のいま・これから

未来に向けて、伝統・文化を受け継ぎ、つなぐ。 水運を活かした城下町から商都、そして近代的な都市へと変わってきた船場ですが、近年では都心居住地域としても人気と …